海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech コーヒーも軽食もレジなし精算! StarbucksとAmazon Goのコラボ店舗がNYに登場

Tech

コーヒーも軽食もレジなし精算! StarbucksとAmazon Goのコラボ店舗がNYに登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
レジに並ぶ必要のない、StarbucksとAmazon Goの最先端のサービスが利用できるコラボ店舗が米ニューヨーク市のマンハッタンに登場しました。

アプリで事前注文・決済したコーヒーを受け取るついでに、Amazon Goでサンドイッチなどの軽食をこちらもレジなし精算できるという新コンセプトのショップです。

財布入らずの買い物体験

新店舗は、StarbucksのPickupとAmazon Goのコンビネーションです。Starbucksのカウンターでは、アプリを通じて注文しておいた飲み物を受け取ることができます。注文時に支払いも済ませる仕組みなので、カウンターで財布を取り出す必要はありません。

そして店舗の奥の棚には、サンドイッチやサラダなどの軽食を中心とするAmazon Goの商品が並んでいます。このエリアに入る際には入り口近くに設置されているターミナルにAmazon Oneで登録済みの手のひら、あるいはクレジットカードをかざすようになっています。この「Just Walk Out」テクノロジーにより、客は棚から取った商品をレジで精算することなく購入できるようになっています。

飲食できるスペースも

店舗にはテーブルや椅子を備えたラウンジエリアもあります。Starbucksで受け取ったコーヒーとAmazon Goで選んだサンドイッチなどを食べることができ、いずれもキャッシュレスの体験となります。

新店舗はマンハッタンのど真ん中に立地し、ニューヨーカーや世界中からの旅行客に新コンセプトをアピールできそうです。そして今後数年内に店舗をさらに展開する予定とのことです。

AmazonのJust Walk Out技術はAmazon Go店舗だけでなく、Whole Foodsや英国のSainsbury’sなど他のスーパーチェーンなどにも採用されています。また、独自のレジなし技術を開発している企業もあり、将来は「レジのない店」が主流になるのかもしれません。

Starbucks

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報