海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 1on1改善サポートAI「revii」が提供開始!動画解析AIでチームの関係性を定量化

Tech

1on1改善サポートAI「revii」が提供開始!動画解析AIでチームの関係性を定量化

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ZENKIGEN(以下、ZENKIGEN)は、動画解析AIを用いてマネージャー・メンバーの関係性を定量化し、つながりを強化する1on1改善サポートAI「revii(リービー)」の提供を開始。客観的な指標をもとにした職場のつながり強化やマネジメントスキルの改善に取り組むことが可能となります。

採用活動のDXを推進するZENKIGEN

ZENKIGENは、採用活動のDX推進に取り組んでいるHR Techスタートアップ。また、人工知能により人の感情や感性を扱うコンピューター技術であるアフェクティブ・コンピューティングの領域を中心に、同社の保有する100万件以上の動画ビッグデータを用いて様々な大学と連携し共同研究を進めています。

同社の採用DXサービス「harutaka(ハルタカ)」を使った取り組みとして、Techableでは過去に「エントリー動画選考でのAI活用の実証実験」を紹介しました。

今回のrevii提供開始により、ZENKIGENは、採用領域の事業だけでなく、職場領域へと事業を拡張することになります。

1on1改善サポートAI「revii」



reviiは、他のオンラインツールと同じように1on1を実施するだけ。マネージャー毎に固定のURLが発行されるので、定期的に実施される1on1の予定に同じURLを登録しておきます。

reviiを用いて1on1を実施すると、AIが発話量や内容、顔や目線の動きなど、マネージャーとメンバーごとにそれぞれ10項目以上の特徴量を測定して関係値スコアを算出、50パターン以上の改善案から最適な施策をアドバイスします。

1on1を複数回継続することで自動的にデータが蓄積。変化の推移をダッシュボードで確認することができるため、より良い関係性を築くためのPDCAサイクルが生まれます。また、1対1の関係性スコアを組織図にマッピング化することで、組織やチーム全体の関係性の状態を可視化することができます。

マネージャーのスキルアップ、それによるメンバーやチームのパフォーマンス向上はもちろんのこと、入社後のオンボーディング状況を確認することも可能です。

また、職場における適切な人間関係を構築することで、人間関係に起因する離職やメンタルヘルス不調を予防する効果などが期待されるといいます。

PR TIMES
revii

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報