海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 米TIME誌が評価! 撮影・加工・シェアができるスリムな360度カメラ「IQUI」

Tech

米TIME誌が評価! 撮影・加工・シェアができるスリムな360度カメラ「IQUI」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社リコー発のスタートアップであるベクノス株式会社は、2020年10月に初のプロダクトとして360度カメラ「IQUI(イクイ)」を発売。そしてこのたび、米国TIME誌が発表した「THE BEST OF INVENTIONS OF 2021」に同製品が選出されたことを発表しました。

360度映像の撮影・加工・共有を簡単操作で

「IQUI」は、全長約14cm、重さ約60gのスリムなペン型360度カメラ。側面に3つ、天面に1つの計4つのレンズで、特別な瞬間や何気ない日常を360度画像としてキャプチャーすることができます。本体にあるたった3つのボタンで、電源のオン・オフ、シャッター、写真・動画切り替えができる、シンプルな操作性もポイントでしょう。

また、スマートフォン用アプリ「IQUISPIN(イクイスピン)」を使用すれば、IQUIとスマホとの接続・データ転送や、スマートフォンからのIQUIの遠隔操作が可能となります。さらに、撮影した画像にエフェクトやモーションをつけてショートビデオ(MP4形式)にしたりSNSでシェアしたりと、さまざまな楽しみ方ができるようです。

その他、持ち運びながら充電できるバッテリーチャージャーケースや、市販の三脚や自撮り棒と「IQUI」をつなげることができる三脚アダプターなどの便利なオプションも販売中。

「究極の自撮り棒」として紹介されました

そんな「IQUI」が、米国TIME誌の「THE BEST OF INVENTIONS OF 2021」に選出されました。

「THE BEST OF INVENTIONS」は、その年の画期的な発明100品目を表彰するもの。TIME誌の編集者・記者による推薦やオンラインによる受付を経て、独創性・創造性・影響力・先進性などの観点で候補者が評価され、選出されます。

同製品は、「究極の自撮り棒(Ultimate Selfie Stick)」として紹介されました。360度の写真やビデオを簡単に撮影できるだけでなく、専用アプリで360度の静止画に動きやエフェクトなどを付加させ簡単にソーシャルメディアで共有できることが評価されたようです。

PR TIMES
ベクノス株式会社(1)(2

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報