海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 共働き夫婦のキーアイテム?家事代行サービスと鍵ロボットの安心連携

Mobile

共働き夫婦のキーアイテム?家事代行サービスと鍵ロボットの安心連携

夫婦共稼ぎの家庭が増加する昨今、家の中の仕事を代わりにやってくれる家事代行サービスが、注目を集めつつある。 その中で課題とされていたのが、留守中のセキュリティ問題。他人に合い鍵を渡すのは、やはり気がひける、という意見も多...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
エニタイムズ1夫婦共稼ぎの家庭が増加する昨今、家の中の仕事を代わりにやってくれる家事代行サービスが、注目を集めつつある。

その中で課題とされていたのが、留守中のセキュリティ問題。他人に合い鍵を渡すのは、やはり気がひける、という意見も多い。家事代行サービスが、日本でなかなか普及しないのは、この点にあるのかもしれない。

そうした問題を解決しようと立ち上がったのが、生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」を運営する会社、エニタイムズ。このたび、スマートデバイス開発のAKERUN(アケルン)と組み、スマートフォンを活用した一般家庭向け鍵の開閉システムを、家事代行サービスに導入。セキュリティに関する不安を払拭し、国内家事代行市場の拡大を図る。

今回の取り組みは、AKERUNが開発した「鍵ロボット」と、エニタイムズより9月提供予定のiPhone アプリ「Any+Times β版」との連携による、入室管理・時間を限定した鍵の発行。

エニタイムズ2「鍵ロボット」は、スマートフォンを認識して、鍵の開け閉めをするという便利なデバイス。そこにアプリをプラスすることで、スマートフォンが鍵代わりになる時間を限定。期限が過ぎた後のセキュリティを、保証する仕組みだ。

また、依頼者はWebサイトやスマートフォンアプリから、入室状況をリアルタイムで確認することもできる。二重三重の体制で、外出時も安心だ。

なお、この「鍵ロボット」は、現在量産化に向けて鋭意開発中だが、エニタイムズに登録したユーザーは優先的に利用可能となる。働く夫婦を助ける、キーアイテムとなるか?

Any+Times・AKERUN
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報