海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 光と音楽のアートに没入!ヤマハの立体音響技術が「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」に

Tech

光と音楽のアートに没入!ヤマハの立体音響技術が「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」に

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
街と光のアートイルミネーションイベント「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」が、横浜・みなとみらいにて2021年11月18日(木)から12月26日(日)まで開催予定。ヤマハ株式会社(以下、ヤマハ)は、立体音響の技術を提供し、港の景観を光と音の最先端技術で演出する本イベントに協賛します。

ヤマハの音像制御システム「AFC Image」

本イベントで使用されるのは、音の定位を自在にコントロールする音像制御システム「AFC Image」。劇場やオペラ、コンサート、インスタレーションなど、あらゆる空間において音を自在にコントロールし、最適な音環境を創り出すことができるヤマハの立体音響技術「AFC(アクティブフィールドコントロール)」のひとつで、同社がこれまで数々のホールや劇場の音響設計を行ってきた中で培った技術が活かされています。

「AFC Image」では、最大128のオブジェクトチャンネルを3次元的に自在に制御することで、さまざまなアプリケーションや空間において適切に音像が定位・移動するイマーシブな音響演出を行うことが可能。また、個々のリスニングポイントに最適化された残響を生成する独自の3Dリバーブシステムにより、これまでにない臨場感とリアルな音空間を創出します。

光と音楽のアートに浸る没入体験を

「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-」は、横浜・みなとみらいの街を舞台に、横浜港を中心とした臨海部を光と音の最先端技術で演出するアートイルミネーション。

今回、ヤマハの技術が活用されるのは、メイン会場となる新港中央広場にある直径約20メートルのドームと直径約11メートルのドーム2つが連なるオブジェ「CROSS DOME(クロス ドーム)」。ドームの中では、ドームの骨格と地面の光、そして音が連動する体験が用意されており、そこで流れる音楽にヤマハの立体音響の技術が活用されているのです。サウンドクリエイターが制作した音源をドーム内で再生する際、音像を自由自在に配置・移動させることで、躍動感のある音源再生が可能に。光と音楽のアートに浸る没入体験を楽しむことができます。

PR TIMES
AFC Image(ヤマハ株式会社)
ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報