海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 折り紙のようにたためるデバイススタンド「SINEX」はマグネット装着、角度調整可!

Start Up

折り紙のようにたためるデバイススタンド「SINEX」はマグネット装着、角度調整可!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンやタブレットを使用するときに、あると便利なのがスタンドです。ビデオ通話や動画の視聴、スケッチなどの作業が楽に行えます。

しかし多くのスタンドは角度調整が限られていたり、取り外しがしにくかったりします。そうしたデメリットを解決すべく開発されたスタンド「SINEX」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。

カードホルダー付き

「SINEX」はモバイル端末の背面に設置して使うスタンドで、スマホ用の「SINEX M」とタブレット用の「SINEX P」の2種があります。

SINEX Mはマグネットを搭載していて、MagSafeを採用しているiPhone 12と13を磁力で簡単にくっつけることができます。Android端末やMagSafe非対応のiPhoneも、アドオンのスナップスティッカーを活用することで、同様に使えるようになります。

SINEX Mは薄いカードホルダーのようですが、実はスタンドが折り畳まれています。スマホは縦横どちらの向きにも設置でき、加えて角度は20度から65度までの6段階で調整できます。

さらにはカードホルダーも付いていて、電子マネーカードなどを携帯するのに便利そうです。

スケッチにも便利

もう1つのSINEX Pはタブレット用だけあって、SINEX Mよりも一回り大きくなっています。構造や使い方はSINEX Mと同じで、スナップスティッカーをタブレットの背面につけることで、SINEX Pに設置できるようになります。

調整可能な角度は30度、35度、50度、65度で、スケッチなどの作業をするとき、ノートパソコンのようにタイピングをするときなど、ニーズに合わせて選べます。

Kickstarterでの出資額は本稿執筆時点で、SINEX Mが139香港ドル(約2000円)〜、SINEX Pが202香港ドル(約2900円)〜となっていて、12月2日まで出資を受け付けます。すでに目標額は達成し、12月の発送が予定されています。

SINEX/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報