海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 健康管理の相棒に! 心拍のモニターや睡眠分析ができる、Ouraの最新スマートリング

Tech

健康管理の相棒に! 心拍のモニターや睡眠分析ができる、Ouraの最新スマートリング

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィンランドのOuraは、社名を冠したスマートリングの第3世代モデルを発表しました。温度センサーを7つ搭載するなどグレードアップし、心拍を24時間計測できるようになりました。

2022年には睡眠中の血中酸素レベルを測定する機能も加わるなど、ユーザーの健康を一層強力にサポートするものになっています。

計7つの温度センサー

2015年から展開しているOuraはもともと、睡眠にフォーカスして始まりました。人間の健康を保つ上で睡眠は要という認識のもと、スマートリングを装着することで睡眠の時間や質の分析を可能にし、健康管理に役立ててもらうというものです。

その基本的な機能は第3世代でも変わりませんが、さらに高度な分析が可能になっています。まず、新たにセンサーが加わり、温度センサーは計7つも搭載されています。これらのセンサーでは、体温がわかるだけでなく、本人が認識する前に体の変化をとらえ、不調などを知らせることができます。

そして、LEDライトも搭載し、心拍を24時間モニターできるようにもなっています。心拍を追跡することで、運動時の体への負荷がわかるのはもちろん、疲れのリカバリーにも活用できます。

睡眠をより正確に分析

睡眠のモニター機能も強化され、高度な機械学習テクノロジーと、これまでに収集された睡眠データセットを用いて、さらに睡眠を正確に分析できるとしています。ただし、こちらは2022年からの提供になります。

同じく、睡眠時の血中酸素レベルの追跡も2022年から利用できるようになり、これにより睡眠の質を正確にとらえることができるとうたいます。

リングのカラーはシルバー、黒、ステルス、ゴールドの4色が用意され、価格は299ドル(約3万4000円)。11月15日から出荷が始まります。

今回、第3世代の発売と同時に有料のメンバーシップが導入され、月額5.99ドル(約680円)で個人に合わせたレコメンデーションやガイド付きオーディオセッションなどが利用できます。リング購入者は6カ月間無料で利用でき、7カ月目以降は月6.99ドル(約800円)となります。

Oura
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報