海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 画質を劣化させることなく、大容量の画像をソーシャルメディアで簡単にシェアできるiPhoneアプリ「Beamr」

Mobile

画質を劣化させることなく、大容量の画像をソーシャルメディアで簡単にシェアできるiPhoneアプリ「Beamr」

一昔前はカメラというと、フィルムを現像する手間暇がかかり、他の人に写真を見せたいと思った場合、現像した写真を実際に手渡しして見てもらう必要があったが、インターネットやソーシャルメディアが普及した今、画像のシェアはとても容...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一昔前はカメラというと、フィルムを現像する手間暇がかかり、他の人に写真を見せたいと思った場合、現像した写真を実際に手渡しして見てもらう必要があったが、インターネットやソーシャルメディアが普及した今、画像のシェアはとても容易になった。

しかし、こんなことにお気づきだろうか。たとえば、iPhoneで撮った写真をFacebookにアップロードした場合、なんとクオリティ面において90%もの画像劣化が起こり、知らず知らずのうちに画質が非常に悪くなってしまっているのだ。このような現象を改善するために開発されたのが、iPhoneアプリ「Beamr」だ。

3年にわたる画像解析調査を経て、人間の視覚と画質を研究して製作された「JPEGmini」という、独自の画像圧縮の技術を用いて、「Beamr」アプリはつくられている。この技術によって、画像サイズや容量を減らしながらも、なおかつ画像のクオリティはそのまま保つことに成功し、8メガピクセルの写真と、28メガピクセルのパノラマ写真をシェアすることが可能になった。

さらに、撮影した写真をまとめて、表紙をつけた雑誌のようなレイアウトにして画像を閲覧することができる。データには固有のURLが付与されるため、それをそのままemailやFacebookなどで簡単にシェアして、友人たちに見てもらえるのも楽しい。現在リリースされているiPhone版に加え、Android版や動画共有のシステムも、今後リリースされる予定。無料で利用できる「Beamr」はこちらからダウンロードすることが可能だ。

Beamr
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報