海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech エアモビリティ社、米国Bartini社の「空飛ぶクルマ」の独占販売契約に合意

Tech

エアモビリティ社、米国Bartini社の「空飛ぶクルマ」の独占販売契約に合意

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「空飛ぶクルマ」のプラットフォーム事業を手がけるエアモビリティ株式会社は、米国の「空飛ぶクルマ」メーカーであるBartini(バルティーニ)社と独占販売契約に基本合意しました。

安全性と静音性を保ちながら時速300kmで飛行

Bartini社は、伝統的な旧ソ連の航空技術をベースとして2017年に米国にて設立。ロシアの航空技術者の街・ジューコフスキーに研究開発(R&D)センターを構え、航空力学・製造・都市計画などのスペシャリストを集結したチームで長年、民間航空会社向けの旅客機を製造・認証してきました。

Bartini社の機体は、高いエネルギー効率や冗長性、省スペースでの離着陸などに特徴があり、大幅な運用コスト削減の達成が期待されています。また、電池と水素燃料によるハイブリッドエンジンを採用しており、バッテリー単体駆動の機体に比べて最大約4倍の航続距離を実現。

販売は2025年を予定しているとのことです。

海外メーカー3社の販売権を獲得

エアモビリティ社は、海外の「空飛ぶクルマ」メーカーの日本市場参入の支援も行っています。

2019年8月に創業するとすぐにイギリスVRCO社と日本における独占販売契約を締結。同時に、エアモビリティ代表取締役社長&CEOの浅井尚氏がVRCO社の取締役にも就任し、日本市場の総責任者としてVRCO事業を統括することを発表しました。また2021年6月には、Dufour Aerospace社と日本市場における代理店契約を締結。2023年より販売を開始する予定です。

今回のBartini社を含め、海外メーカー3社の「空飛ぶクルマ」の販売権を獲得した同社。これを受けて浅井氏は、「多様なマーケットニーズに対応できる体制が整うと考えております」とコメントしています。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報