海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech アプリと連携し、ノーコードでCRMを開始できる「Yappli CRM」

Tech

アプリと連携し、ノーコードでCRMを開始できる「Yappli CRM」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ヤプリは、アプリの開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を提供中。現在の導入企業は550社を超えています。アプリがデジタルでの顧客接点の起点となるケースが増える中、アプリのダウンロードだけで開始できる本格的な顧客管理システム(CRM)のニーズが増えてきたようです。

そこで同社は、アプリとスムーズに連携し、ノーコードでCRMを開始できる「Yappli CRM」を開発。企業の「CRMを持っていない」「既存のCRMがレガシーシステムで活用しにくい」といった課題を解決する「アプリの会社」ならではのサービスとして、提供を開始しました。

「Yappli CRM」とは?

「Yappli CRM」は、アプリを軸としてCRMに必要な、顧客の会員登録・認証・情報管理などをオールインワンで提供します。エンドユーザーがアプリをダウンロードした瞬間から、導入企業でのCRMが始まるということです。

ノーコードで誰でも簡単に使える管理画面で、さまざまな施策を実行・分析できるのも特徴。そのひとつが、外部サービスとの連携なしで実行できるポイントカードと電子マネーの発行・管理です。なおポイントは、会員ランク別の発行にも対応しています。

他にも、1to1の顧客体験を実現する機能を実装。例えば、アプリ内行動データ取得や顧客状況がひと目でわかるダッシュボードなどの顧客分析機能、その分析結果に基づいてシナリオを設計し、最適なタイミングでのプッシュ通知などを設定する施策設計機能、施策実行後にすぐに評価を確認できるレポート機能などが搭載されています。

また、購入データや購買後の行動データを外部メールサービス・MA・CDPなどと連携させ、データドリブンなマーケティングを実現することも可能なようです。

「Yappli」について

同社が提供する「Yappli」は、ノーコードでスピーディーにiOSとAndroidのネイティブアプリを開発できるサービス。更新作業を即時確認できるプレビューやタイマー、バックアップ機能などを搭載し、直感的な操作で簡単に運用できるのも特徴です。なお、実機確認ができる専用アプリも提供しています。

また、開発したアプリでは、性別や誕生日などの属性情報・エリアなどによる多彩なプッシュ通知が可能。最終起動日やクーポン利用などの行動データによるシナリオ別の配信にも対応しています。

さらに、アプリ内の行動や流入などが可視化されるダッシュボードで素早いPDCAを実現。他にもGoogleアナリティクスやApps Flyerを用いた高度なデータ分析、DMPやDWHとのデータ統合も可能です。

そして、年間200回以上の自動アップデートや、専門チームによる集客や活用方法などのサクセス支援により、アプリを通じた顧客体験の向上ひいては導入企業の事業成長に寄与します。

PR TIMES
株式会社ヤプリ(1)(2

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報