海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech キヤノンからVR撮影システム「EOS VR SYSTEM」が登場! 手軽に高画質な180度VR映像を撮影

Tech

キヤノンからVR撮影システム「EOS VR SYSTEM」が登場! 手軽に高画質な180度VR映像を撮影

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE(EOS R5装着時)

近年、エンターテインメントや観光、教育など幅広い産業で活用されているVR技術。そんな中、キヤノン株式会社(以下、キヤノン)は、映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げ、専用のレンズ1機種とPCソフトウエア2本を、2021年12月下旬に発売・公開します。

高画質な180度VR映像を撮影できる専用レンズ


「EOS VR SYSTEM」は、ミラーレスカメラと新発売の専用のレンズ、PCソフトウエアで構成されているシステム。

専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」は、5.2mmの魚眼レンズを2個搭載したキヤノン初のVRレンズで、ミラーレスカメラに装着すると、高画質な3Dの180度VR映像を手軽に撮影できます。

また、逆光時の撮影も快適に行うことが可能。画角の広いVRレンズの屋外撮影は、一般に太陽がレンズに映り込まない時間帯に限られることが多くありましたが、独自の特殊コーティング「SWC」を採用しているため、逆光でのゴーストを低減、斜光が魅力的な朝夕の撮影にも適しています。

そして撮影後は、PCソフトウエアにて、撮影映像のVR規格形式への変換から簡易的な編集までを行うことができます。なお、対応するミラーレスカメラは「EOS R5」(2020年7月発売)で、12月上旬公開予定のファームウエアの適用が必要となります。

効率的な映像制作ワークフローを実現

このように「EOS VR SYSTEM」は、映像制作ワークフローの効率化を実現します。「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」の2眼レンズそれぞれから入射する光を、単一のCMOSセンサーを通じて記録することができるため、撮影前のカメラ位置の調整や同期設定、撮影後に映像をつなぎ合わせるスティッチ作業は不要。また、ユーザーの制作環境に合わせてデータ変換ソフトウエアを選択することが可能です。

キヤノンは、本システムを立ち上げることで、映像クリエイターや制作プロダクション、新たにVR映像撮影を始めたいと考えるユーザーまで、幅広いニーズに応えていくとしています。

PR TIMES
RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE(キヤノン株式会社)

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報