海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 3分以下で100キロ走行分を充電! ABBが「世界最速」のEVチャージャーを発表

Tech

3分以下で100キロ走行分を充電! ABBが「世界最速」のEVチャージャーを発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、さまざまな車メーカーが電気自動車(EV)を次々にマーケットに投入し、また地球温暖化を背景に業界や各国政府も二酸化炭素を排出しないEVの浸透に注力しています。

そうした動きを加速させるのに貢献しそうなEV充電器がスイスの産業技術会社・ABBから発表されました。100キロ走行分を充電するのに3分もかからない、急速チャージャー「Terra 360」です。

15分でフル充電


Terra 360は既存のガソリンスタンドにある給油マシーンのような外観で、実際に、給油と同じように車にプラグを差し込んで使用します。ABBによると、Terra 360の最大出力は360kWで、急速充電対応のEVをフル充電するのに15分もかからず、同社は「世界最速のEVチャージャー」とうたっています。

EV開発が進むにつれ、充電技術も改良が図られていますが、EVが発売されたばかりの頃は夜間にプラグを車につなぎっぱなしにするなどして充電していました。それに比べると、15分で充電完了というのは目を見張る進歩で、給油の利便性にもさほど見劣りしません。

アジアでも2022年から展開

また、急速充電なので、わずか3分弱つなげるだけで100キロ走行分を賄えるというのも魅力です。コーヒーを買ったり、駅で人を待ったりなど、隙間時間にこまめにつなげるという使い方をすれば、バッテリー不足とは無縁になりそうです。

Terra 360に付いている給電ケーブル4本の長さは5メートル。同時に4台に給電でき、その場合のケーブル1本あたりの出力は90 kWになります。

ABBは、Terra 360をまずは2021年末に欧州で、そして2022年に米国、中南米、アジア・太平洋地域で展開するとしています。Terra 360のような充電施設が従来のガソリンスタンド、そしてスーパーや公共施設の駐車場といった身近なところに設置されれば、EVへの買い換えが加速するのかもしれません。

ABB

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報