海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「ミライスピーカー(R)」を展開するサウンドファン、資金調達を実施

Tech

「ミライスピーカー(R)」を展開するサウンドファン、資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「曲面サウンド」搭載の世界初の特許技術「ミライスピーカー(R)」の開発・製造・販売を行う株式会社サウンドファン(以下、サウンドファン)は、日本テレビ放送網株式会社、株式会社Spotlight、株式会社ケイエスピーを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額6億1千万円の資金調達を行いました。

テレビの音をクリアにする「ミライスピーカー(R)」



「ミライスピーカー(R)」は、テレビの音を聞こえやすい音に変換するテクノロジー。テレビの横に置くだけで、音量を上げなくても、聴こえにくい人は聴こえやすくなるので、家族も快適にテレビの音を聴くことができます。「周りには聴こえやすくても、自分には聴こえにくい」「聴こえにくいので音量を上げると、家族からうるさいと言われる」といった悩みもなくなりそうですね。(「聴こえ」には個人差があり)

その秘密のひとつは、振動板にあります。従来のスピーカーの振動板は、円すい形であるのに対して、「ミライスピーカー(R)」の振動板は、平板を湾曲させた形状。この曲面振動板から発せられる曲面サウンドが、広く遠くまでハッキリとした音声を届けます。

従来のスピーカーとの音波の違いも、早稲田大学の協力によって確認されています。さらに、特有の音波がなぜ生まれるのか、東京都立大学の協力により、振動板の動きからシミュレーション解析を実施。従来のスピーカーとは異なり、高音域において、広範囲にしっかりと音を届ける音場がつくられることが確認されました。

使い方も簡単で、コードを電源とテレビにつなぐだけ。充電も不要なので、機械が苦手な人でも心配いりません。

さらなる事業拡大に期待

サウンドファンは、今回調達した資金をもって、「ミライスピーカー(R)」の販売強化、および、新製品の研究・開発・製造を加速的に推進するとしています。

「サウンドドリブン人間活性業」として、今後も、より多くの「聴こえ」に困っている人たちと、その家族や関係者に、「ミライスピーカー(R)」による「聴こえ」環境の改善を提供し、明るく前向きな生活を提供する事業を展開します。

PR TIMES
ミライスピーカー(R)

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報