海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 「3Dプリント義足」を約10分の1の価格でフィリピンで製造・販売するインスタリムとは

Start Up

「3Dプリント義足」を約10分の1の価格でフィリピンで製造・販売するインスタリムとは

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「3Dプリント義足」を海外で製造販売するインスタリム株式会社は、シリーズAラウンドとなる総額2.4億円の資金調達を完了しました。引受先は、SDGsの達成に寄与するベンチャー企業の株式への投資を進めるインクルージョン・ジャパン株式会社、慶應義塾大学の研究成果を活用したスタートアップを支援する株式会社慶應イノベーション・イニシアティブなどの計5社です。

「義足不足」は社会課題に

義足は、1人1人の体に合わせて医学的に最適な形状を手作りする必要があるため、通常の品質のものでも1本あたり30~100万円と高価。また納期に通常1ヶ月程度を要し、糖尿病性壊疽などの血管疾患や交通事故などで脚の一部を無くしたにもかかわらず義足を購入できない方が多く存在すると言われています。

「特に障害者への社会的支援が不十分な開発途上国においては、義足を購入できない方は仕事に就くなどの社会参画が著しく困難となっており、深刻な社会課題となっています」とインスタリム社の担当者。

同社はこのような課題を解決するため、オリジナルの義肢装具製作用3D-CAD・自動設計用AIアルゴリズム・専用3Dプリンタからなる、独自のデジタル義肢装具製作ソリューションを開発。これらを用いて、従来の約10分の1以下となる低価格・短納期の「3Dプリント義足」をフィリピンで製造・販売しており、すでに400名以上にこの義足を提供しています。

フィリピンやインドで普及目指す

インスタリム社は従来の枠組みにとらわれない新しいデジタル製造によって、「誰もが義肢装具を手に入れられる社会」を構築し、フィリピンやインドの障害者の新たな就業と、これまで義足が無いが故に家に引きこもるしか術がなかった障害者を、貧困から脱出させることを目指すとしています。

同社は今回の調達資金等を活用し、フィリピン事業の全国展開の実現・サブスクリプション販売の開始・海外展開・完全非対面での義足製造販売システムの開発を積極的に展開予定。

インスタリム社CEOの徳島泰氏は「開発途上国のほとんどの下肢切断者が義足を持つことができず、まともな職にもつけず、貧困の連鎖に飲み込まれてしまっているという社会問題の解決は、長年解決不可能として放置されてきました。弊社の3Dプリント義肢装具製造ソリューションは、世界で唯一、この悲惨な社会問題を解決し得る技術であり事業であると、私も、インスタリム社員一同も、強い自信と、誇りと、情熱を持っています」と話しています。

PR TIMES(1)(2)(3
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報