海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Social Media “もうひとつの”東京タワーがバーチャル空間に。リアルと連動したキキ&ラライベント開催

Social Media

“もうひとつの”東京タワーがバーチャル空間に。リアルと連動したキキ&ラライベント開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ウィスコムは、スマートフォンで東京タワー観光やバーチャルLIVE配信を楽しむことができる東京タワー公認のアプリ「バーチャル東京タワー」を9月16日より提供開始しました。

アプリのリリースを記念して、3,000発の花火がバーチャル世界の夏の夜空を彩るほか、「キキ&ララ」の世界観が体験できるバーチャルイベントを、9月16日〜9月30日まで開催します。

もう一つの世界の東京タワー

バーチャル東京タワーは、100年後の東京タワーをイメージしてつくられたという、未来型エンターテインメント空間。バーチャル世界に誕生した「もう一つの世界の東京タワー」です。

アバターとなって、本物の東京タワーと同じように展望台のメインデッキやトップデッキに上り、きらびやかな鏡の世界を楽しんだり、360°のパノラマ夜景を鑑賞したりすることができます(有料)。

バーチャル東京タワーの麓には、野外フェスティバル会場を設け、音楽 LIVE やファッションショーなど、アーティストやV-Tuberによる様々なイベントを開催予定とのこと。また、ショップエリアでは、バーチャル東京タワー限定商品の販売もあるようです。

リアル連動で「キキ&ララ」とバーチャルコラボ

東京タワーとキキ&ララがコラボレーションしたイベント「LittleTwinStars 夏の夜のファンタジー」は、"リアル"の東京タワーで開催中。プロジェクションマッピング 「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA-LittleTwinStars-」など、星や雲であふれたキキ&ララの世界観を9月30日まで楽しむことができます。

そしてこのたび、バーチャル東京タワーでも、プロジェクションマッピングやカラーライトアップなど、キキ&ララの世界観が体験できるコラボレーションイベントを9月16日〜9月30日まで開催する運びとなりました。

展望台はチケット制の有料エリア。メインデッキ2Fでは、キキ&ララのバーチャルプロジェクションマッピングを鑑賞できます。無料エリアの野外会場では、キキ&ララのフォトスポットで写真撮影したり、キキ&ララにあわせてピンクとブルーにライトアップされた東京タワーを鑑賞したりすることができます。リアルな東京タワーは、7月9日限定でキキ&ララカラーにライトアップされていましたが、バーチャル東京タワーではいつでも楽しむことができるのが魅力的です。

バーチャル東京タワーは、9月16日よりリリースしているスマートフォンアプリ(iOS版・Android版)で楽しむことができます。VRデバイスなどには順次対応していく予定とのことです。

PR TIMES(1)(2
バーチャル東京タワー

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報