海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ただ眠るだけで睡眠の質を確認できる睡眠サポート機能、東横INNに導入開始

Tech

ただ眠るだけで睡眠の質を確認できる睡眠サポート機能、東横INNに導入開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ニューロスペースは、KDDI株式会社と共同で、高精度な睡眠モニターで睡眠の質を定量的に確認できる睡眠サポート機能を開発。2021年9月10日より株式会社東横インが運営する東横INNに順次導入されます。

非接触かつ無操作で計測可能

この睡眠サポート機能が導入された部屋では、宿泊客が普段通りベッドで眠るだけで睡眠状況を分析することが可能。測定機器の設定などが不要で非接触かつ無操作で計測ができるのが特徴です。宿泊客は、翌朝6時以降に東横INN公式アプリ内「すいみんPJ」から分析結果と睡眠改善ポイントなどを確認することができます。

「すいみんPJ」では、睡眠時間、睡眠の質、途中で目覚めた回数や心拍、呼吸数などをグラフで可視化。測定結果は対象の部屋に宿泊するたびに蓄積される仕組みです。

まずは9月10日より、東横INNの対象ホテル全430室に導入し、2022年3月までに約800室に拡大予定とのこと。なお同サービスは、東横INNクラブカード会員のみ利用可能となります。

SleepTechを活用した共同開発事業

ニューロスペースは、睡眠の改善に寄与するサービスを創出するSleepTech企業。主な事業は、「SleepTech協業共同開発事業」「健康経営睡眠支援事業」「自治体向け睡眠調査・実証・啓発事業」「ヘルスケア事業者向けサービス連携事業」の4事業です。

「SleepTech協業共同開発事業」では、これまでにもシャープ株式会社と共に「クラウドAIによる運転制御機能付きエアコン」を開発したり、日野自動車株式会社およびNEXT Logistics Japan株式会社と共に「ドライバー向け睡眠改善アプリ」を開発したり、ANAホールディングス株式会社と共同で「時差ボケ調整アプリ」を開発したりしてきました。

KDDIとも、睡眠計測デバイスを活用した睡眠データと、KDDIが展開するホームIoTサービス「au HOME / with HOME」が連携した睡眠計測アプリ「REAL SLEEP™」を共同開発した実績があります。このたびのサービスは、宿泊者向けに最適化したアルゴリズムやコンテンツを新たに開発し、実現したものだということです。

なお、Techable(テッカブル)では以前、ニューロスペース代表の小林孝徳氏にインタビューを行っているので、興味のある方はこちらからどうぞ。

PR TIMES(1)(2
株式会社ニューロスペース

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報