海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 東京の文化を英語で紹介するロボットを作ろう! 「Sota®︎」を活用した実証授業を実施

Tech

東京の文化を英語で紹介するロボットを作ろう! 「Sota®︎」を活用した実証授業を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゼッタリンクス株式会社(以下、ゼッタリンクス)と東日本電信電話株式会社 東京事業部(以下、NTT東日本)は、ゼッタリンクスが開発したプログラミング教育ツールおよび、NTT東日本が展開するコミュニケーションロボット「Sota®︎(ソータ)」を用いて、英語とプログラミング教育を融合した実証授業を9月14日、15日に東京都台東区立上野中学校で実施予定。どのような内容なのか、紹介します。

楽しくプログラミングを学習できる!

「Sotaとはじめるプログラミング」は、ゼッタリンクスが開発したプログラミング教育ツール。独自の「話す」「身振り・手振り」「感情表現」により高い表現力を実現、児童の興味を喚起します。ブロックを並べ、ロボットの動作や会話文をプログラムすることで、プログラミング的思考を学ぶことが可能。ロボットが聞き取った言葉をもとに条件分岐を行ったり、ロボットの話す言葉や動作に合わせてパソコン画面に写真や画像を表示させたりすることもできます。

このツールに活用されている「Sota®︎」は、NTT東日本が展開するクラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」に対応したヴイストン社製のコミュニケーションロボット。インテリジェントマイク技術により明瞭な集音が可能なほか、雑音除去機能やエコーキャンセラーも内蔵されているため、高精度な音声認識が実現。人との会話をスムーズに行うことができ、多言語対応オプションで英語による会話も可能です。身振り手振りを使ってコミュニケーションを行うこともできます。(「Sota®︎」はヴイストン株式会社の登録商標)


実証授業「東京の文化を英語で紹介するロボットを作ろう」の概要

今回の実証授業では、プログラミングと英語に加え、「東京の伝統・文化」指導を盛り込み、教科横断型学習を実施。上野周辺にある伝統・文化を象徴する建造物や観光名所などの紹介を英語に翻訳したり、それらをわかりやすく伝えるために双方性のあるコンテンツのプログラミングを学習したり。入力したプログラムの動作の確認および、デバック等による改善なども身につけられます。(より詳しい流れは、ページ下部にあるプレスリリースを確認ください)



実際の社会で導入が進みつつある最先端のコミュニケーションロボットを活用して、会話型のプログラミング学習を体験できる今回の実証授業。よりリアルなICT・科学技術への興味・関心と創造性を促進します。また、地域にある日本の伝統や文化、そしてそれらを伝えるための英語を用いた双方向性のコミュニケーションの仕方を考えることで、世界の中で日本人として活躍していくために必要な力を理解することにつながると期待されています。

PR TIMES
ゼッタリンクス株式会社「Sotaとはじめるプログラミング」
ヴイストン株式会社「Sota®︎」

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報