海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech XRプラットフォーム「STYLY」がVIVEPORTに登場、3作品の個別アプリも

Tech

XRプラットフォーム「STYLY」がVIVEPORTに登場、3作品の個別アプリも

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Psychic VR Labが提供するクリエイティブプラットフォーム「STYLY」のアプリが、VIVEPORTストアにて配信開始しました。

本アプリのリリースを記念し、「STYLY」を活用した複数人同時でVRアートを巡るオンラインツアーイベント「DIG INTO NEWVIEW 2021 by STYLY」が9月12日14:00~開催されます。

「STYLY」アプリ、VIVEPORTストアに

「STYLY」は、世界中のアーティストが創造した「”超体験”-Ultra Experience-」が集まるXR(VR・AR・MR)クリエイティブプラットフォームです。

ファッションや音楽、映像、グラフィックなど、現代のカルチャーを体現する世界中のアーティスト・クリエイターが作成した個性豊かなVRシーンが16,000以上投稿されています。これらは全て無料でアクセスすることができます。

このたび、バーチャルリアリティコンテンツや体験を楽しめるアプリストア「VIVEPORT」に登場した「STYLY」アプリ。それと同時に、STYLYで制作された3作品をフィーチャーアプリ(個別アプリ)として、実験的にVIVEPORT上で配信しています。

フィーチャーアプリとして選ばれた3作品

配信された3作品のうち2作品は、ファッションや音楽、映像、グラフィックなど、現代のカルチャーを体現する人々が集まり、新しいクリエイティブ表現と体験をデザインしていく実験的プロジェクト「NEWVIEW」から。

12組のアーティストによるコラボレーション作品が集結した「NEWVIEW Featuring Works Collection」は、箱型のワールド内にNEWVIEWがセレクトしたおすすめの作品が公開されています。そして、「NEWVIEW 2020 VIRTUAL EXHIBITION」では、NEWVIEW AWARDS 2020で選ばれたファイナリストの作品が楽しめるといいます。

また、音楽×VRをテーマにした5つの作品が楽しめるミュージックコンテンツ「VR Music World」も、フィーチャーアプリとして配信されています。DECO*27氏の楽曲「アンドロイドガール」とバーチャルシンガー「ココツキ」によるVRのMVや、音の空間をコンセプトとしたインスタレーション作品「ENCLOSURE」など、新しい音楽の楽しみ方が体験できそうです。

これらの作品を体験するためには、フィーチャーアプリのダウンロードに加え、VIVEPORT版「STYLY」アプリのインストールが必須です。

VIVEやOculus Rift、Valve Indexといった主要なVRヘッドセットに対応し、様々なシチュエーションでVR体験が可能な同サービス。気になる作品を選んで、体験してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES
STYLY

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報