海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech IPC公式パラゲーム内で、三代目 J SOUL BROTHERSのバーチャルライブ開催

Tech

IPC公式パラゲーム内で、三代目 J SOUL BROTHERSのバーチャルライブ開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
JP GAMES株式会社は、国際パラリンピック委員会初の公式ゲーム「The Pegasus Dream Tour(ザ ペガサス ドリーム ツアー)」を制作しました。

その中で開催されているバーチャルライブイベント 「Avatar GALA Party(アバター ガラパーティ)」の第4弾として、三代目 J SOUL BROTHERSによるRPG型アバターライブ「SOUL of City」~ウェルビーイング~の公演が決定。2021年9月19日のライブ当日に向け、9月6日よりステージを建設するイベント期間が始まっています。

より良い未来を見据える「ペガサスシティ」

「The Pegasus Dream Tour」は、ゲーム体験を通じて持続的に社会課題解決に貢献していくこと、パラリンピックを新たにブランディングすることを目的として生まれたゲーム。その舞台となる「ペガサスシティ」は「理想の未来の実験場」という側面を持ち、より良い未来に向けたさまざまな取り組みや挑戦が展開される場です。

「ドラえもん」が市長代理を務める未来の仮想都市、「ペガサスシティ」。ここでユーザーは、自身の分身となるアバター「Mine」を操作し、パラスポーツを楽しんだり、ライブに参加したり、他のMineとコミュニケーションを取ったりと、さまざまな体験ができます。

そんな「ペガサスシティ」で開催されているバーチャルライブイベント が「Avatar GALA Party」。これまで、東京ゲゲゲイやピコ太郎、バーチャル・ドリカムによるライブが展開されました。そしてこのたび、第4弾として三代目 J SOUL BROTHERSによるライブが開催される予定です。

「Avatar GALA Party」第4弾はJSBと!


三代目 J SOUL BROTHERSのバーチャルライブは、パラリンピック終了によって危機を迎えたペガサスシティを救うというストーリーのもと展開されるRPG型のアバターライブ。三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーがアバターとなって登場し、メンバーそれぞれのダンスをモーションキャプチャーで撮影して再現した、迫力あるパフォーマンスを披露するようです。

「Avatar GALA Party」では、ユーザーがイベントステージの設営に参加できる準備期間を設けています。今回は、9月6日12:00~9月18日15:00の期間、ドラえもんのひみつ道具「ムードもりあげ楽団」を使ってタップゲームをプレイすることで、ステージ設営をサポートすることができます。

その貢献度に応じて、ライブをステージ近くから見られるエリアPASSやオリジナル衣装、エモート(アバターのモーション)などをもらえるようです。エモートには「RYUSEI」のランニングマンをはじめとしたダンスなどがあり、入手すれば自分のMineで踊ることができるといいます。他にも、スタンプを使ったコール&レスポンスなどバーチャルライブならではの演出も楽しめるようです。

ライブは、日本時間9月19日の11:00~、18:00~、23:00~の3回公演。ライブ終了後には、メンバーのアバターたちがゲーム上で打ち上げをする予定で、Mineを通じてメンバーのアバターたちとコミュニケーションできるチャンスが用意されているようです。

なお、これまでの「The Pegasus Dream Tour」に関するTechable(テッカブル)記事や、JP GAMES CEOの田畑端氏へのインタビュー記事はこちらから。

PR TIMES(1)(2)(3

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報