海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 松丸亮吾プレゼンツ、バーチャル謎解きイベント!舞台はバーチャル空間となった「宮下公園」

Tech

松丸亮吾プレゼンツ、バーチャル謎解きイベント!舞台はバーチャル空間となった「宮下公園」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月2日から11月30日まで、渋谷の宮下公園をバーチャル空間上に再現した「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE」にて、謎解きイベントが開催されます。

その名も「松丸亮吾のMIYASHITA MYSTERY PARK(ミヤシタ ミステリーパーク)」。松丸亮吾氏率いる謎解きクリエイター集団・RIDDLERが作った謎解きを、バーチャル空間上で楽しむことができます。

参加は無料で、スマートフォンやパソコン、VRデバイスなどの端末があれば、世界中どこからでもアクセス可能とのことです。

変わりはてた宮下公園を謎解きで救う

このイベントでは、原因不明のバグに侵食されたバーチャルの宮下公園が舞台。元の平和な姿を取り戻すべく、プログラマーの指示に従って謎を解き明かしていくというストーリーです。

参加者は、自分の分身となるアバターを選んで、バーチャルの宮下公園を歩き回りながら謎解きに挑戦。謎解き完了までの経過時間も分かるようになっているため、参加者同士でクリア時間を比較する、という楽しみ方もできるのではないでしょうか。

開催に先立ち、松丸氏は「バーチャル空間だからこそ誰もが楽しめる謎解きを提供することで、さまざまな人が参加し、交流が生まれる形になっています」とコメントしています。

VR空間×謎解き

松丸氏初となる、複数名で体験できるバーチャル謎解きイベント。リアルの謎解きではできなかったバーチャルならではの表現などを用いているそうです。

1名から最大4名まで同時に謎解きを楽しむことができるようになっており、試行錯誤が必要な難易度の高い謎解きでは、参加者同士で音声によるコミュニケーションをとることが可能。バーチャル空間であっても、チームで協力しながらクリアしていく達成感を得られます。

また、実在する宮下公園内の景観や施設、普段入ることのできない場所を謎解きの問題に採り入れているとのこと。謎解きのみならず、視覚的にも存分に楽しめそうです。

PR TIMES(1)(2
渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報