海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Mobile アプリ1つでネットにつながる!海外用データ通信サービス「trifa」

Mobile

アプリ1つでネットにつながる!海外用データ通信サービス「trifa」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ERAKEは、アプリ1つで簡単に海外でインターネットを利用することができるサービス「trifa(トリファ)」をリリースしました。

アメリカ(ハワイ含む)、ヨーロッパを中心に世界45カ国の「eSIM」をアプリで購入することができます。

差し替え不要!今後普及が見込まれる「eSIM」

「eSIM(Embedded-SIM)」とは、端末にあらかじめ組み込まれた内蔵型のSIMのこと。

端末に内蔵されているため通常のSIMカードのように抜き差しをすることなく、オンラインで旅行先の「eSIM」をダウンロードすることで、インターネットの利用ができます。

「eSIM」対応の端末は、以下リンクから確認可能。
https://www.trifa.jp/supported-devices

現在利用できる端末は限られているものの、総務省が5月28日に公表した「スイッチング円滑化タスクフォース報告書」によると、「MNO3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)において導入が進んでいないスマートフォン向けのeSIMについては、新型コロナウイルス感染症の収束を見据えつつ、できるだけ早期に導入する必要があることから、2021 年夏頃を目途として導入することが適当である」と方向性を定めており、「eSIM」は今後より一層普及してくことが見込まれます。

必要なのはアプリだけ。最短3分で手続き完了

「trifa」では、従来のように空港で海外用モバイルWifiをレンタルしたり、現地のSIMカードを購入して設定する必要はなく、海外でインターネット環境を利用するために必要なすべての設定がアプリ上で完結します。

プリペイド式で、契約や解約手続きは不要。現地で必要に応じて、追加チャージすることもできます。また、現地の大手通信会社の回線を使用しており、安定したインターネットの利用が可能とのこと。

アフターコロナの海外旅行や海外出張。「海外に行くときは、何をする必要があるんだっけ?」と感覚を取り戻す時間がかかりそうですが、海外でのインターネット通信を「trifa」にお任せするのはいかがでしょうか。

PR TIMES
trifa
総務省報道資料

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報