海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 国内初の折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」とは?

Tech

国内初の折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社は、折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」の提供を2021年9月1日(水)より開始。

昨今のコロナ禍の情勢や生活様式の変化を受けて、「密」を回避できる新たな移動手段になりそうです。(原動機付自転車となりますので、利用には原動機付自転車の運転免許証が必要)

「ちょっとした移動」を快適に

折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero」は、都市部での数駅分の距離を、効率的なルートで、自在に移動できるエコなツール。日々の通勤・通学や買い物、お出かけなど、日常の「ちょっとした移動」が、駅などを介さずに可能になります。

シェアード・モビリティ・ネットワークスの担当者は「自転車よりも速く、車よりも気軽。汗をかくことなくスマートにご利用いただくことができます。新しいライフスタイルが生まれるなかで、より個人の生活に寄り添える自由な移動手段」といいます。

例えば、表参道―中目黒(およそ4キロ)は、15分ほどで到着。渋谷―六本木間(およそ2.5キロ)は10分弱で到着するとのこと。駅構内や電車内での人の“密”を回避しつつ、駅を経由せずに動けるので、より効率的なルートを選んで移動することができます。

折りたたみ式でコンパクトになるので、目的地から目的地へ直行し、短時間なら一時的にその場に停めておいたり、建物内に持ち込むことも可能ですので、ご自身のライフスタイルによりフィットした選択肢として取り入れられるのも嬉しいですね。

利用方法はシンプル

また、「Shaero」の電動バイクは自転車のように漕ぐ必要もないので、疲れにくい点もメリットと言えます。さらに、車移動で悩まされていた駐車場探しも専用に設置されたステーションをアプリで返却予約できるので、出先で困ることはありません。

「Shaero」の使い方は簡単。専用のアプリをダウンロードし、無料の会員登録をすれば、アプリから貸出可能なバイクのある最寄りのステーションを検索してその場で予約できます。あとは15分以内に乗りに行けば良いだけです。

200円/15分で利用でき、車体がコンパクトなのでちょっとした経由地点であればステーション以外のスペースに停めておくことも可能。長時間の利用は、2,000円/24時間や、20,000円/30日で乗り放題のプランがお得です。返却の際は、目的地周辺の返却可能なステーションを予約して、バイクを戻せば完了です。


PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報