海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 建築とテクノロジーで自然と共生、アートヴィラ「ONEBIENT」

Tech

建築とテクノロジーで自然と共生、アートヴィラ「ONEBIENT」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Hodgeは、自然環境に没入するアートヴィラ「ONEBIENT(ワンビエント)」の運営を開始。

2022年秋には富山県富山市に「ONEBIENT神通峡」が開業予定となっており、その後、滋賀県大津市にも展開を予定しています。

周囲の環境(AMBIENT)と一体(ONE)になる

ONEBIENT」は、光や⾵、⽔、土、草木といった自然の要素を、建築とテクノロジーの両面から拡張することで、自然環境へより深く没入することができるアートヴィラです。

同宿泊施設では、太陽光発電や薪ボイラーを活用することで完全なオフグリットを目指し、施設運営を自動化させるシステムを導入予定。また、周囲の環境に溶け込んだカームテクノロジーによる無人サービスを開発し、”自然環境へより深く没入する”宿泊体験を提供します。

富山の自然環境を表現したアートヴィラ

2022年10月にオープンする予定の「ONEBIENT 神通峡」は、富山市にあるホテル「リバーリトリート雅樂倶」に隣接された宿泊施設。

「多湿」「本州一の多様な植生」「名水」という富山の環境特性に着目し、それぞれの自然現象をアートヴィラで表現したそうです。

例えば、3棟ある内のひとつ「雲庭 -kumoniwa-」は、霧を人工的に発生させるシステムを用い、空間一体が “雲海”に包まれたかのような客室です。そこでは、まるで雲の上を泳ぐかのような体験ができるといいます。

PR TIMES

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報