海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 衛星データから新規駐車場用スペースを開拓! 「Tellus VPL」のα版が提供開始

Tech

衛星データから新規駐車場用スペースを開拓! 「Tellus VPL」のα版が提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
さくらインターネット株式会社は、衛星データとAI画像認識技術を活用して新規駐車場用スペースを自動検出する駐車場検知ツール「Tellus VPL」のα版を提供開始。同ツールは、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の公式ツールとして2021年8月19日より無料で提供されています。

駐車場検知ツール「Tellus VPL」は、さくらインターネット社に加え、AI・ディープラーニング技術のコンサルティングと開発を行う株式会社Ridge-i(リッジアイ)、駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(あきっぱ)の3社で研究開発したもの。

新規駐車場用スペースの開拓に課題

「Tellus VPL」開発の背景には、akippaが抱える課題がありました。akippaは、全国の空いている月極や個人の駐車場、空き地など全国累計46,000拠点(2021年8月時点)を駐車場として一時利用できるシェアリングサービスを提供しています。

新規駐車場用スペースの開拓は、地図で候補地を探して担当が現地に出向いて営業活動を行う場合も多く、多大なコストを要するのが現状。「Tellus VPL」を活用することにより、衛星データから新規駐車場用スペースとして活用できる候補地を見当がつけられるようになり、新規駐車場開拓における営業活動の効率化が期待できるといいます。

akippaが検証を実施

「Tellus VPL」の本格的な活用に向けた検証は、どのように行われるのでしょうか。同社によると、衛星データプラットフォーム「Tellus」のオウンドメディア「宙畑」にてakippaが行った検証の様子を掲載。さくらインターネットの担当者は「三軒茶屋・池尻周辺の解析結果をもとに現地訪問を行ったところ、車を数十台置くことができる広い敷地であれば、本ツールによって検知可能なことが確認できました」と話しています。

「宙畑」の記事内では、本ツールの利用方法をはじめ、実際の現地訪問の様子などを紹介。akippaではビジネスにおける本ツールの本格的な活用に向けて、駐車場開拓パートナー(代理店)との連携を今後順次行っていくようです。

PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報