海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing ハイパーカジュアルゲームが市場を牽引! 2021年モバイルゲーム最新レポートが公開

Marketing

ハイパーカジュアルゲームが市場を牽引! 2021年モバイルゲーム最新レポートが公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ市場データプラットフォームを提供するApp Annie Japanは、「2021年モバイルゲーム市場最新レポート」を公開しました。

ハイパーカジュアルゲームが市場を牽引

App Annie Japanによると、モバイルゲームの2021年における消費支出は家庭用ゲーム機の3.1倍にも達し、さらにモバイルゲームは2021年に1,200億ドル(約13兆円)を突破する見込み。同レポートでは、新型コロナウイルスの拡大によって、新たな局面を迎えたモバイルゲーム業界に関する同社独自のインサイトを紹介しています。

レポートから明らかになったインサイトは、モバイルゲーム全体のダウンロードを牽引しているのは「ハイパーカジュアルゲーム」ということです。そもそもハイパーカジュアルゲームとは、国籍を問わず誰でも気軽に遊ぶことのできるアプリ。ユニバーサルデザインであることや、広告による集客・マネタイズが主軸であること等が大きな特徴と言えます。

App Annie Japanの調査では、ダウンロード数が最も多かったゲームのトップ10のうち、4つが「ハイパーカジュアル」に属し、「パズル」と「アクション」はそれぞれ前年同期比16%、37%も伸びています。

さらに、ハイパーカジュアルゲームの代表格である「Happy Glass」が2018年に打ち立てた、62日間で1億回ダウンロードとう記録は未だ破られていません。同社の担当者は「ゲーム市場で新しいプレイヤーが急成長することはますます難しくなっている」と話しています。

毎月100万ドル以上の消費額も

その他に注目すべきインサイトとしては、「毎月100万ドル以上生み出すモバイルゲームが過去最多」になったことが挙げられます。消費者がモバイルでゲームを楽しむようになったことで、ゲーム内課金も全てモバイルで完結するようになりました。2021年上半期には、2019年から25%も増加した810本のゲームが毎月100万ドル以上の消費額を生み出しているようです。

一方、ジェンダーギャップも興味深い点でしょう。例えば米国では、女性が男性よりモバイルゲームを利用しており(利用者の64%が女性)、男性の利用者が女性よりも多い国は日本(利用者の56%が男性)と韓国(利用者の53%が男性)のみとなっています。

PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報