海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech シャオミのイヌ型ロボット「CyberDog」は搭載するスーパーコンピューターで人の識別もできる!

Tech

シャオミのイヌ型ロボット「CyberDog」は搭載するスーパーコンピューターで人の識別もできる!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国の大手家電メーカー、シャオミが同社初の自律ロボットとなる「CyberDog」を発表しました。

カメラやセンサーなどを搭載し、自律的に歩行(走行)できるイヌ型ロボットで、迂回路を模索したり視野に入った人物を識別したりする「頭脳」も持ち合わせます。一般発売するのではなく、さまざまな用途のためのデベロッパー向けのオープンプラットフォームと同社は位置付けています。

周囲を“見る”能力

同様のロボットのメーカーとしては米国のBoston Dynamicsがパイオニア的存在であり、実際CyberDogの外観はBoston社の「Spot」にそっくりです。機能面でもかなり類似していて、搭載するタッチセンサーやGPSモジュール、カメラ、超音波センサーなどで周囲を“見ながら”自律的に歩行することができます。

駆け足スピードは最速で時速7キロ。周囲の障害物を感知して回避するのはお手のもので、コンピュータービジョンアルゴリズムを活用して異なる環境で道を探し出す、といったことも可能です。

加えて、姿勢や顔で人間を識別することもでき、たとえばオーナーや特定の物体を追いかけることもできるとのことです。

アイデア次第で用途は可拡大

そうした人間に近い能力を可能にしているのが、NVIDIAのJetson Xavier NXという小型のスーパーコンピューターです。これにより、さまざまなタスクをこなすことができます。また128GBのSSDも搭載していて、センサーが収集したデータの保存も可能となっています。

CyberDogにはType-CやHDMIのポートも備わっていて、これはサーチライトやパノラマカメラなどを搭載できるように、との意図です。アイデア次第でCyberDogの用途がかなり広がりそうです。

同社はCyberDogを1000体のみ「ロボット愛好家」に販売するとしていて、価格は9999人民元(約17万円)です。

Xiaomi
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報