海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up サッカー×ゲーム×クラウドファンディング「MASENTIC」β版リリース

Start Up

サッカー×ゲーム×クラウドファンディング「MASENTIC」β版リリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Masenticは、8月9日にJリーグ42クラブを対象とした予想型共同スポンサープラットフォーム「MASENTIC(マセンティック)」のβ版をリリースしました。

「MASENTIC」は、Jリーグの試合の勝敗予想や選手の活躍予想を楽しみながら、クラブチームのスポンサーができる、新しい形のエンタメと応援のプラットフォームです。

このプラットフォームでは、サッカー観戦の新しい楽しみ方を提案するだけでなく、スポンサーになることで応援しているクラブチームに貢献することもできます。

個人ではかなわなかった、Jリーグクラブチームのスポンサーに

「MASENTIC」では、ゲーム内通貨として「MASENTICポイント(以下、Mポイント)」が使用されます。これは、課金を通して有料で獲得することも、ログインボーナスやミッションクリアによって無料で獲得することも可能です。

このMポイントは、「MASENTIC」内で応援しているクラブのスポンサーになるために使用することができます。集まったMポイントの総数が、あらかじめ定められた目標値に到達した段階で、同社からクラブチームにオフィシャルスポンサー費が支払われるようです。

またこのMポイント、試合の勝敗予想や選手の活躍度予想に使うことも可能です。試合終了後、結果に応じてMポイントが還元される仕組みとなっています。

プロサッカーで「熱狂」を生み出したい、代表の思い

現役早大生でもあるMasentic社代表・安達慶太氏。「小学校でサッカーを始めてから、幾度となくサッカーに助けられてきました」と語ります。

特に留学先のイギリスでは現地のサッカーに対する盛り上がりに刺激を受け、「日本のプロサッカーをプレミアリーグのように、多くの人々が熱狂できるようなエンターテイメントにしたい」という思いで、起業されたそうです。

Masenticという社名は、「Make Soccer Enthusiastic(サッカーをより熱狂的に)」という理念からきており、日本のプロサッカーを盛り上げたいという気持ちが伺えます。

コロナ禍で制限つきの試合開催が続き、会場に足を運ぶことが難しくなっている今。代表の熱い思いのもとで生まれた「MASENTIC」が、サッカーの新しい楽しみ方を提案しています。

PR TIMES(1)(2
CAMPFIRE

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報