海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」、国内ホテルで初めて鶴雅リゾートに導入

Tech

自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」、国内ホテルで初めて鶴雅リゾートに導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
NECネッツエスアイ株式会社は、株式会社ゼンリン協力のもと、鶴雅リゾート株式会社が運営するホテルに自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI(ユンジ デリ、以下 DELI)」を納入。日本国内のホテルとしては初めての「DELI」導入とのことです。

「DELI」の特徴

「DELI」は、各種センサーにより空間や障害物を認識し、目的地まで自律走行が可能な配送ロボット。段数や高さを変更できるトレイ(最高3段)で合計50kgまで配送できます。

各トレイごとに配送先を指定する「配達モード」と、あらかじめ登録した複数の配送先ルート(停止時間・繰返し回数を含む)からひとつを選んで巡回走行させる「クルーズモード」を搭載。どちらのモードでもタッチパネル操作で簡単に設定できるので、磁気テープなどのインフラは不要です。

前後両方向へ走行できるため、Uターンするスペースがない狭い通路(幅70cm程度)でも問題なく走行可能。こういった機動性と選べる走行モードにより、食器の下膳作業が忙しい食べ放題などの飲食店やビュッフェ形式の宴会場などでの活躍が期待されているようです。

さまざまな配膳・下膳ロボット

そんな「DELI」が、鶴雅リゾートの「あかん遊久の里 鶴雅」のメインダイニングでバイキングを楽しめる「天河」と、「あかん湖 鶴雅ウイングス」の北海道ビュッフェ「HAPO」の2カ所に合計3台導入されました。「DELI」は食器やグラスなどを洗い場へ配送する業務を担い、ホールスタッフの負荷軽減と業務の効率化、ひいてはホスピタリティ向上に貢献します。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、飲食店ではロボットの導入・導入検討の事例が増えてきました。2020年には、回転寿司の「すし銚子丸」に自律歩行型AIロボット「サービスショット」が試験導入されたり、横浜中華街の「招福門」にて自動配膳ロボット「T5」の実証実験が行われたり、ワタミの新ブランド「焼肉の和民」に配膳ロボット「PANUT」が導入されたり……。

もともと人手不足に悩む業界ですが、加えて新型コロナにより高まった非接触ニーズなどを受け、ロボット導入を視野にいれる企業が増えてきたのでしょう。これまでTechable(テッカブル)で紹介してきた配膳ロボットに関する記事はこちらから。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報