海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech バーチャルエンタテインメントを担う「バーチャル・エイベックス株式会社」設立

Tech

バーチャルエンタテインメントを担う「バーチャル・エイベックス株式会社」設立

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、テクノロジーの進化や新型コロナウイルスの影響でオンライン需要が拡大し、バーチャルエンタテインメントを取り巻く市場はさらなる拡大が期待されています。

この流れを受け、エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社は、デジタルモーション株式会社と共に、バーチャルエンタテインメント事業に特化した新会社「バーチャル・エイベックス株式会社」を2021年8月5日に設立しました。

新会社の事業展開

バーチャル・エイベックス株式会社は、バーチャルアーティストのプロデュースおよびバーチャルイベント・ライブの企画制作をはじめ、出版社などのIPホルダーが保有する既存のアニメ・ゲームキャラクターやリアルに存在するアーティスト・タレントなどの活動のバーチャル化を推進し、新たなエンタテインメントを創出するための企業です。

エイベックスは、自社専用のモーションキャプチャスタジオと、デジタルモーションと共同開発した照明、特効演出、カメラワークをリアルタイムで行うシステムを活用し、2018年8月より「まりなす」などのバーチャルアーティストのプロデュースや、オンラインバーチャルアイドルフェス「Life Like a Live!(えるすりー)」の企画制作などを手がけてきました。

このたび設立された新会社では、エイベックスが有する企画制作力とデジタルモーションのシステム開発力をかけ合わせ、近年需要が急拡大するバーチャルエンタテインメント事業の最大化を目指します。

NFT領域にも本格参入

エイベックスは、新会社設立以前から、バーチャルエンタテインメント事業に関連する事業を展開してきました。そのひとつが2020年7月に設立したバーチャルアーティストプロダクション「AVALON」。このプロダクションには、2021年7月7日にメジャーデビューした「まりなす」や言霊少女プロジェクト「LiLYPSE」らが所属しています。

また、2021年4月にデジタルコンテンツの著作権などの情報を一元管理する次世代型著作権流通システム「AssetBank」をブロックチェーン団体「Japan Contents Blockchain Initiative」のブロックチェーン上にプレローンチ。ほどなくNFT事業基盤「A trust」の提供を開始し、IPホルダーの著作権などの権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的にNFT事業に本格参入しました。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報