海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech クラウドオフィスRISAの2D版リリースが発表!PC負荷の大幅削減を実現

Tech

クラウドオフィスRISAの2D版リリースが発表!PC負荷の大幅削減を実現

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレワークの普及により、様々なコミュニケーションツールが登場しています。そんな中、株式会社OPSIONは、2021年8月23日にクラウドオフィス「RISA」2D版正式リリースする予定だと発表しました。

2D版RISAとは?

RISAとは、オフィス機能の代替を目的とした、アバターやバーチャル空間を活用した新しいデジタルワークプレイス。2020年11月に3D版をリリースして以降、多くの人たちがRISAを利用してきました。Techableでも、同社代表取締役の深野崇氏にインタビューを実施し、RISAの魅力を解説しています。インタビューでは、3D空間ならではの臨場感が特長であるとしながらも、パソコンや通信回線への負荷が課題として挙げられていました。

このような課題や様々な要望を受けて、リリースされることになったのが今回の2D版。3D版RISAと比較すると、CPU負荷は1/10、メモリ負荷1/4まで軽減を実現。他のツールとの併用もスムーズに行えます。

また、2D版RISAには、テレワーク推進で課題となる「コミュニケーション機会(雑談・相談)の喪失」の解決につながるような機能が盛り込まれています。例えば、まるでゲームの主人公になった気持ちになれるアバターと、RPGゲームのマップを移動しているかのような動きは、ログインするだけで楽しい気持ちに!業務ツールとしての有用性だけでなく、エンターテイメント性も備わっているのです。

3D版に引き続き、2D版でも「テレワークでの社員の様子把握」や「急遽発生した会議」にも対応可能な機能が搭載される予定とのこと。

進むテレワーク環境の整備

また、今回の「RISA」2D版正式リリースに先駆けて、8月5日より無料トライアルの事前予約が開始されました。トライアル期間は7営業日。希望者はトライアル開始前に操作説明、事前打ち合わせを受けることも可能です。

今後はオフィスのカスタマイズや、大規模導入にも対応予定。加えて、お客様の要望に応じて、順次アップデートしていくとしています。

働き方のひとつとして、今後も定着していくと考えられるテレワーク。働きやすい環境がどんどん整えられていることが感じられるのではないでしょうか。

PR TIMES
2D版RISA 無料トライアル事前申し込みフォーム

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報