海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech アンドロイドがオペラに出演!? ミクシィが研究者や音楽家とともに開発

Tech

アンドロイドがオペラに出演!? ミクシィが研究者や音楽家とともに開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ミクシィは、様々な研究者や音楽家とともに開発されたアンドロイド「オルタ3」が、東京・新国立劇場オペラパレスで上演されるオペラ「Super Angels スーパーエンジェル」に出演すると発表しました。上映日は、2021年8月21日(土)・22日(日)。

アンドロイド研究のパイオニアが協力

「オルタ3」は、2019年2月にミクシィと、世界的なアンドロイド研究のパイオニアである大阪大学石黒研究室、人工生命研究のパイオニアである東京大学池上研究室、ワーナーミュージック・ジャパンの4社共同研究プロジェクトのもと、人間と人工生命体とのコミュニケーションの可能性を探るために開発されたアンドロイドです。

機械が露出したむき出しの体、性別や年齢を感じさせない顔を特徴としており、人の想像力を喚起し、これまでにない生命性を感じさせることを目指し開発されました。ミクシィの担当者は「外界との相互作用によりロボットが生命感を自ら獲得することができるかどうか、また、これを通じて、生命とは何かを追求し続けています」と話しています。

プロジェクトメンバーには、音楽家の渋谷慶一郎氏をはじめとする、世界で活躍する音楽家、アーティストなどが集結。4社共同研究から始まったプロジェクトは、東京大学と国立音楽大学との共同研究にも発展するなど、テクノロジーによる新しい芸術の可能性を切り開くことで、サイエンスの未来を創出し続けています。

「科学技術と共生」がテーマ

アンドロイドが創る新しいオペラ「スーパーエンジェル」は、新国立劇場制作による「科学技術と共生」をテーマに舞台芸術の可能性を広く世に問う作品。2019年からアンドロイド「オルタ3」の出演が計画されていたというから驚きです。

本公演は、新国立劇場オペラ芸術監督の大野和士氏が企画し、台本を作家の島田雅彦氏が、作曲を初音ミクのボーカロイド・オペラ『THE END』やアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を手掛ける音楽家 渋谷慶一郎氏が担当。

また、演出を新国立劇場演劇芸術監督の小川絵梨子氏が監修、舞踊シーンの振付を新国立劇場バレエ団の貝川鐵夫氏が担当し、オルタ3のプログラミングを国立音大准教授 今井慎太郎氏が務めるなど、壮大なスケールによるコラボレーションが実現します。本公演において、「オルタ3」は物語の中心人物であるアンドロイド「ゴーレム3」役で出演します。



PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報