海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 道路上の人や車の状況をエッジAIカメラでリアルタイムに計測・評価する実証実験

Tech

道路上の人や車の状況をエッジAIカメラでリアルタイムに計測・評価する実証実験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Intelligence Design株式会社と株式会社オリエンタルコンサルタンツは、神戸市三宮の葺合南54号線にて、道路空間における賑わいや荷捌きなどの状況をエッジAIカメラ「IDEA counter」でモニタリングする実証実験を2021年7月25日より開始しました。

スマートシティの実現に向けて

同実験では、Intelligence Designの「IDEA counter」を用いて道路空間における歩行者の属性別通行量、滞在時間、沿道施設へのアクセス状況、路上駐停車の場所と時間などをオンライン上でリアルタイムに自動計測・評価します。

道路上での人や車の各種活動の自動計測と客観的かつ定量的な指標に基づく道路空間の評価を可能にすることで、ウォーカブルなまちづくりの評価や道路空間の柔軟な使い方の検討を進め、スマートシティの実現に寄与していこうという狙いがあるようです。

手軽でリーズナブルな「IDEA」シリーズ

このたび活用されている「IDEA counter」は、AIプラットフォーム「IDEA」の画像認識技術を利用した高精度なAI解析が大きな特徴。用途に応じてさまざまな画像解析AIモデルを提供できるため、通行者数や属性推定の他、防犯、マーケティング、接客支援など幅広く活用できるのもポイントでしょう。

また、端末はセルラー方式の通信機能を有し、設置時の工事が不要なうえに、コンパクトかつ軽量なため、わずかな空間や乗り物などの移動体にも設置可能。スピーディーかつ低コストな運用を実現できるといいます。

「IDEA counter」はこれまで、新宿三丁目モア4番街や渋谷センター街(入口と井ノ頭通り)、原宿・明治神宮前などに設置され、人流計測や防犯監視などの実証実験を行ってきました。

Intelligence Designは、「IDEA counter」の他、自動で画像補正する「IDEA scan」や画像の文字を自動でテキスト化する「IDEA ocr」など、簡単かつリーズナブルにAI関連技術を使えるサービス「IDEA」シリーズを展開中。こうしたサービスを通じ、持続可能な社会の構築とUDX(アーバンデジタルトランスフォーメーション)の促進を目指しています。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報