海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 歯科領域で実証実験! 東京と大阪間で、VR・AR映像を通した若手指導と手術支援

Tech

歯科領域で実証実験! 東京と大阪間で、VR・AR映像を通した若手指導と手術支援

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Holoeyes株式会社(ホロアイズ:以下、Holoeyes)は、株式会社Dental Predictionおよびソフトバンク株式会社の協力の下、「5G(第5世代移動通信システム)ネットワークにおけるXR歯科手術支援の有効性の検証」に関する実証実験を、2021年7月12日から実施します。

クリニックに依存しない若手指導・手術支援を目指す

今回の実証実験では、東京にいる指導医が大阪にいる若手歯科医に、VRやAR映像を通して診断・治療の指導と手術の支援を実施。症例として扱われるのは、知識面・技術面でも比較的難易度が高いとされるインプラント手術です。実験では、5GとXR技術、3Dプリンティング技術が活用されます。

現在、臨床現場における若手歯科医の診断・治療技術は、主に上級医師との対面指導によって培われるクリニック完結型であるケースがほとんど。そのため、若手歯科医が身につけられる知識や技術は、所属するクリニックに大きく影響を受けるとされています。遠隔指導・手術支援を目指す今回の実証実験は、クリニック依存からの脱却につながることでしょう。

「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」といった特長を持つ5Gの活用により、高精細なVR・AR映像を複数のデバイスに常時遅延なく安定して伝送することが可能です。

5Gの普及で変わる医療の世界

他にも、Techableでは、5Gと遠隔医療に関する事例として、消化器内視鏡映像のリアルタイム伝送の実証実験について紹介。5G時代の到来により、医療の世界は大きく変わろうとしています。

今後Holoeyesは、この実証実験の結果を基に、歯科クリニック向けの商用サービスとして、遠隔手術支援パッケージの構築を目指すとしています。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報