海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech リアルとバーチャルの公共空間を連動させるVR宮下公園オープン!

Tech

リアルとバーチャルの公共空間を連動させるVR宮下公園オープン!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大日本印刷株式会社(DNP)と般社団法人 渋谷未来デザインおよび宮下公園パートナーズは、現実の渋谷区立宮下公園をバーチャル空間に高精細に再現した「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(以下、VR宮下公園)」を2021年7月7日にオープン。リアルとバーチャルに存在する宮下公園を連動させる取り組みを通じ、公共空間の高度利用を促したいとしています。

ちなみに、DNPは「PARALLEL SITE」を活用したバーチャルシティ構築を推進していて、第1弾として札幌市北3条広場を高精細に再現した「PARALLEL SAPPORO KITA3JO」を公開。今回は第2弾となります。

「ブラウザ版」と「VRChat」

「VR宮下公園」は、さまざまなデバイスでアクセスできる「ブラウザ版」と、VRデバイスで高精細な環境を楽しめるソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」の2つの空間をオープンしました。

「ブラウザ版」「VRChat」ともに、昼と夜のバーチャルな宮下公園を散策したり、イベントに参加したり、ショッピングを楽しんだりできます。同時に参加しているユーザー同士は、音声通話や写真撮影、感情のスタンプなどでコミュニケーションを取ることも可能です。

「ブラウザ版」にはオープンな交流が楽しめる「PUBLIC」と、ひとりや気の合う仲間と楽しめる「PRIVATE」が存在します。「VRChat」では、リアルに再現されたスケートパークやボルダリングなどをアバターで体験することも可能。また、1年中桜が楽しめる空間を構築し、桜吹雪やときに花火なども楽しめるようです。

イベント開催中!

「VR宮下公園」では、地域の魅力発信やクリエイターの作品発表、生活者の自己表現や交流、企業のメッセージ発信のためのイベントなどを、バーチャル空間の機能を活かして同時多発的に展開していく見込み。これらのバーチャルイベントをリアルな宮下公園と連動させることで、公共空間の高度利用を促進していきます。

7月7日時点で開催されているのは、アート展「YOU’RE THE WORLD」。ブラウザ版で体験できるアート展で、10月31日まで開催されています。なお、リアルな宮下公園内のポスターのQRコードを読み込むことでもアクセス可能です。

同展は、絵画に造詣が深いモデルの山本奈衣瑠さんがキュレーターとなり、名画34点について独自の観点で音声解説します。解説の字幕表示や絵の一部が拡大するなどの鑑賞体験も可能。展示作品には、ルーベンス作『パリスの審判』やルノワール作『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』などの世界の名画が集い、システィーナ礼拝堂の天井絵は実物と同じように頭上に展示するなどの工夫も見られます。

なお、同展のオリジナルグッズとして「山本奈衣瑠×渋谷区公認スーベニアSHIBUKURO」のトートバッグ・Tシャツをバーチャル空間内で販売中です。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報