海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 採用活動の複雑化が生み出す負のループを「sonar ATS」で解決

Tech

採用活動の複雑化が生み出す負のループを「sonar ATS」で解決

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今の採用チャネルの多様化や通年採用の一般化により企業の採用活動は複雑化しています。特に採用情報が大幅に増えたことにより、従来の手法では効率よく情報管理ができず、希望する人材を獲得できない企業も少なくありません。

今回はそんな課題を解消するThinkings株式会社の採用管理システム「sonar ATS」を紹介します。

複雑化する採用情報を一元管理、直感的な把握が可能に

「sonar ATS」は企業の採用活動に関する情報を見える化・一元化することで、人事担当者にかかる負担を軽減できる採用管理システムです。

テクノロジーやネットワークの進歩により、応募チャネルが多様化し、採用も通年で行われるようになりました。求職者にとっては便利になった一方で企業の採用活動は複雑化しており、従来の管理手法では対処しきれず、採用担当者にかかる負担が大きくなっています。

結果として「応募者対応に遅れて他社に人材を取られてしまう」「ミスマッチによって辞退者が増えてしまう」といった負のループに陥ってしまう企業も少なくありません。

採用活動の複雑化に伴う煩雑な情報管理、この課題解決に役立つのがThinkings株式会社の「sonar ATS」。多様化・複雑化する採用管理情報を見える化・一元化し、採用担当者にかかる負担の軽減を図る採用管理システムです。代表取締役社長の吉田崇氏は「sonar ATS」を開発した背景を次のように語ります。
私が採用を取り巻く環境に対してずっと課題に感じていたのが、採用活動のアナログ感です。採用への熱い想いを持って仕事に取り組む担当者の貴重なリソースが、煩雑な業務に奪われていく。もっと本質的な業務(採用の戦略企画や、応募者へ直接向き合う業務等)に時間を使ってもらいたいと思っていました。

採用管理システム「sonar ATS」は、こうした採用課題の解決のために誕生しました。情報の一元化・効率化により、採用担当者がより本質的な業務に注力できる時間を生み出し、企業の効果的・効率的な採用活動の実現に貢献しています。
ブランドロゴには、イルカが自身の「ソナー」で広い海の中でも仲間を探したりコミュニケーションを取るように、「大海原で真にマッチする人材と出会えるように」という想いを込めています。

「sonar ATS」一番の特長が柔軟性です。「sonar ATS」は採用フローチャートを画面上のドラッグ&ドロップで簡単かつ柔軟にデザインできるため、例えば新卒と中途採用のように採用時期や方法が異なる場合でも、対象の採用フローを見るだけで最新状況を直感的に把握できます。もちろん、インターンシップや本選考、内定者管理なども一括管理が可能、応募者に寄り添った最適な採用プロセスの設計が可能です。

外部サービスと連携して多様なユーザーニーズに応える

Thinkings株式会社 代表取締役社長 吉田 崇

「sonar ATS」の強みは採用状況を見える化できるフローチャートだけではありません。外部のHRサービス、例えば求人媒体、LINEやSlack等のチャットツール、オンライン面接ツール、入社後の人事管理システムまで、豊富なHRサービスとのAPI連携が用意されています。

特にコロナ禍によって対面での面接だけでなく、採用活動におけるあらゆる行動がオンラインへのシフトを余儀なくされている今、企業は採用システムに対し多くのニーズを抱えています。そこでさまざまなHRサービスを外部連携・一元管理し、ユーザーの多様なニーズに応えることを可能にするのが「sonar ATS」です。

数ある採用管理システムの中でも、企業規模を問わず800社以上の企業に導入されている「sonar ATS」。特に煩雑な管理作業の効率化によって創出できた時間を活用し、採用担当が本来行うべき仕事、例えば採用戦略の策定や応募者へのきめ細やかな対応に注力できるようになったというメリットが多くの導入企業から寄せられています。

最後に「sonar ATS」をどんな企業に導入してもらいたいか吉田氏に聞いてみました。
企業のさらなる成長のために、本当にフィットする人を採用したい。一人、一人の候補者に向きあい、本当に必要な人と共感を築いていく採用をしたい。でも、時間不足、分析しきれない数値の山。採用慣習や、表面的な効率化で、横並びの採用になってしまう。

こうした現状を変えていきたい企業・採用担当者の皆様に、「sonar ATS」は必ずお役に立てると思います。採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現すべく、「sonar ATS」はこれからも企業の採用活動を支援して参ります。

2021年5月には「sonar ATS」をはじめ、多様なHRサービスを組み合わせて導入・管理できる管理できる「sonar store」や、採用ノウハウを活かしてすぐに使えるサービスパック「sonarまとめてパックシリーズ」を統合した採用プラットフォーム「sonar HRテクノロジー」をブランドとして立ち上げた同社。今後もさまざまな採用ニーズに柔軟に対応し、企業の採用活動効率化に貢献していくことでしょう。

Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報