海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech iOS・iPadOS版も登場! ヤマハのリモート合奏サービス「SYNCROOM」

Tech

iOS・iPadOS版も登場! ヤマハのリモート合奏サービス「SYNCROOM」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハ株式会社は、離れた場所でも複数人で合奏ができるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」のPC版アプリとAndroid向けのβ版アプリを提供中。そしてこのたび、iOS・iPadOS版アプリの提供を開始しました。

「SYNCROOM」とは?

「SYNCROOM」は、インターネット回線を介して最大5アカウントでのオンラインセッションが楽しめるサービス。大きな特徴は、オーディオデータの双方向送受信の遅延を最小限に抑える同社独自の技術で、違和感の少ないオンラインセッションを実現することでしょう。

同サービスは、2020年6月の正式リリース以前にβ版サービスである「NETDUETTO β」および「NETDUETTO β2」を提供していました。その後「NETDUETTO β2」が「SYNCROOM」としてリニューアルされ、メトロノーム機能や録音機能などが追加されて正式リリースしています。

それから1年、「SYNCROOMを使いたくても対応端末を持っていない」という多くの声を受け、iOS・iPadOS版 「SYNCROOM」の開発・検証を重ね、今回のリリースに至ったようです。

使い方

同サービスを利用するは、アプリをインストールし、アカウントを作成(無料)すると無料で利用可能。なお、ヤマハオンラインメンバーの会員情報やFacebook、LINE、Googleなどのソーシャルアカウントでも登録できます。

アカウントを登録すると、ニックネームや好きな音楽ジャンルなどを設定。あとは「ルーム」と呼ばれる仮想の部屋に入り、オンラインセッションを楽しむだけです。ルーム内ではテキストチャットでコミュニケーションを取りながら演奏を楽しめるのもポイントでしょう。

また、セッション参加が可能な「ルーム」の検索やマニュアルやFAQの閲覧ができる公式プレーヤーズサイトも便利そう。各ルームには「仮入室」ができ、セッションの様子を試しに聴くことも可能です。

気になるルームが見つからないときは、自らルームを作成してもいいかもしれません。「ルーム名」や「パスワード」、「コメント」などを設定するだけで簡単にルームを開くことが可能です。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報