海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 標高3,776mからの絶景をシェア! KDDI、富士山頂の5Gエリア化を開始

Tech

標高3,776mからの絶景をシェア! KDDI、富士山頂の5Gエリア化を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎年多くの人が挑戦する富士登山。2020年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、登山道が閉鎖されましたが、2021年は7月1日から開山予定です。あわせて、富士山頂への5Gの整備も実施されます。

富士山頂における5Gおよび4G LTEのエリア化

KDDI株式会社は、通年で提供している登山口および登山道の4G LTEの提供に加えて、開山期間、富士山頂における5Gおよび4G LTEのエリア化を実施。また、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、無料のWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を山小屋を含む47カ所で提供します。

5Gとは、第5世代移動通信システムのこと。高速・大容量に加え、多接続、低遅延(リアルタイム)が実現されるので、人が持つデバイスからIoTまで、幅広いニーズへの対応が期待されています。

富士山頂における5Gが整備されれば、コロナ禍で登山が難しい家族や友人に、例えば富士山頂3,776mからの絶景を高精細の写真や動画でシェアすることで、感動を一緒に体験することもできるでしょう。

Withコロナ時代の新しい富士登山マナー

安心・安全に富士登山を楽しんでもらえるよう、環境省及び山梨、静岡両県は、コロナ禍に対応した「Withコロナ時代の新しい富士登山マナー」を作成。登山前の健康管理から、現地で気をつけるべき行動まで、幅広く網羅されています。

コロナ禍における遭難救助は、防護対策等により例年に比べて時間がかかるとともに、救助活動者に大きな負担をかけることになるといいます。少しでも体調に異変を感じたら、無理をせずに、入山を控えたり、速やかに下山したりするようにしましょう。

KDDI株式会社

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報