海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「XRシティ SHINJUKU」第2期開始! スマホで楽しむ3タイプのXRコンテンツ

Tech

「XRシティ SHINJUKU」第2期開始! スマホで楽しむ3タイプのXRコンテンツ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
小田急電鉄株式会社と株式会社NTTドコモが取り組むまちづくりプロジェクト「XRシティ SHINJUKU」の第2期がスタート。

2021年6月21日~8月8日の期間、「小田急百貨店新宿店」「新宿サザンテラス」「新宿中央公園」「歌舞伎町シネシティ広場」「モザイク通り」「東京ミステリーサーカス」の計6スポットにて、3タイプのXRコンテンツを楽しむことができます。ただし、「歌舞伎町シネシティ広場」での開催および一部キャラクターのコンテンツ提供は7月20日まで。

専用アプリ「XRシティ」で体験!

同プロジェクトにおけるXRコンテンツを体験するには、専用アプリ「XRシティ」のインストールが必要です。このアプリは、NTTドコモが提供するARCloudを活用し、スターティアラボ株式会社およびアジアクエスト株式会社によって開発されました。イベント開催期間中、同アプリをインストールしたユーザーのスマートフォンを該当スポットにかざすと、XRコンテンツが出現します。

「アート&空間らくがき」の体験スポットでは、デジタルアートの鑑賞に加え、スマートフォン上に書いたイラストを現実空間に浮かべることが可能。コンテンツ体験と共に写真や動画の撮影、各種SNSへの共有もできます。また、「謎解き」スポットでは、株式会社SCRAP監修の現実世界とデジタルが融合した「AR謎解き」が体験できるようです。

そして「キャラ」の体験スポットでは、テレビアニメ作品『銀魂』のキャラクターやドコモのキャラクター「ポインコ兄弟」が3Dで出現。スマートフォン画面のタップに合わせてリアクションしたり、アプリコンテンツの体験中に表示される広告・クーポン掲載店舗までの道案内をしたりします。

同アプリは、公式ウェブサイトよりダウンロード可能(6月21日時点ではAndroidのみ)。

第1期について

「XRシティ SHINJUKU」の第1期は、curiosity株式会社とNTTドコモが共同開発したXRアトラクション「XR Wonder Park」の開催で幕を開けました。2020年11月18日~12月27日の期間、新宿サザンテラスを舞台に10分程度のストーリー3本を順不同で楽しめるアトラクションを展開。RPGタイプ、シューティングゲームタイプ、鑑賞タイプといった趣向の異なるXR体験を楽しめたようです。

特に斬新だったのは、アトラクション内のみで使える「空間メッセージ機能」で、エリア内の空間に好きなメッセージを残すことができ、ほかのプレイヤーとまるで未来のSNSかのようなコミュニケーションがとれるという仕組みでした。

また、2020年12月26日から1月21日(元旦を除く)の期間には、MRグラス「Magic Leap 1」を活用した謎解きイベント「code name: WIZARD Episode 1 魔導書の謎と六匹の妖精 XRシティ SHINJUKU」を新宿小田急百貨店にて開催。参加者は「魔導書」と呼ばれる謎解きキットをもらって「アナログ謎解きパート」に挑み、このパートの謎をすべて解いた人だけが「Magic Leap 1」を装着して「MR謎解きパート」へ進むというイベントです。

体験した方はTwitterで「6回セットおすすめですよ~!!(私はまだ三匹の妖精としか戯れてないですが… 年明けかなぁ~)」「めっちゃ楽しかった! 思ったより謎が難しくて焦った笑」など思い思いの感想をつぶやいていました。

PR TIMES(小田急電鉄株式会社)
PR TIMES(スターティアホールディングス株式会社)
PR TIMES(アジアクエスト株式会社)

(文・Higuch)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報