海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 変電所での設備操作手順などをARで表示する実証実験

Tech

変電所での設備操作手順などをARで表示する実証実験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社プレミアムアーツとPTCジャパン株式会社は、中部電力株式会社と共に変電所の保守の一部にARを活用し、設備操作に対する安全性・信頼性の確保に向けた検証を行いました。

操作や移動をサポート

同実験の舞台は、中部電力の送配電事業会社である中部電力パワーグリッド株式会社の変電所。ここでの操作手順をiPadにARとして表示させました。

具体的には、部屋の入り口から操作盤位置までの誘導、操作盤のボタンの操作順の表示をARで行い、担当者の行動をサポート。結果、ARを活用した操作支援が電力設備の操作に対する安全性・信頼性の確保に寄与できる可能性があると評価したようです。

今回は、PTCのAR 開発プラットフォーム「Vuforia Engine」に、空間コンピューティングの機能を採用した技術「Vuforia Engine Area Targets」を活用。施設内の高精度な360度デジタルデータを構築し、施設内のあらゆる空間上で指定箇所を正確に認識できるARコンテンツの作成を可能にしています。

そして、プレミアムアーツが作成した、設備の場所・位置・操作手順をもとにしたARコンテンツを現場のスキャンデータに重ね合わせることで、電力設備の操作支援を可能にするARシステムが誕生しました。

今後の進化は?

プレミアムアーツは、XR専門のソリューションカンパニー。特許技術である「LiveAR」や「chidori」を有し、AR・VRを活用したデジタルコンテンツ制作などを得意としています。今回のARと似ているのが「設備機器運用支援ARシステム」。製造現場などにおいて、施設にタブレットなどをかざすだけで、施設内の設備の説明や操作手順の表示、IoT連携による現場のライブ情報の表示などができるようになっています。

プレミアムアーツ 代表取締役 山路和紀氏によると、同実験で活用されたARシステムは、複数のARシナリオを自動的に生成する仕組みも準備しており、将来は機器メンテナンスのあらゆる局面に利用できる仕組みになるとのことです。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報