海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Review MOFT Snap-On タブレットスタンドレビュー:マグネットで着脱OK!ケースとの併用も…!

Review

MOFT Snap-On タブレットスタンドレビュー:マグネットで着脱OK!ケースとの併用も…!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
MOFT Snap-On タブレット iPad
今年4月に新型「Pro」が発売されて話題のiPad。OSも進化とともに、その用途はビジネスからクリエイティブワークまで多岐に広がっています。

そんなiPadの生産性を上げてくれるのが、作業時やコンテンツの視聴時に役立つスタンドです。今回ご紹介するのは、マグネットで着脱が可能なMOFTの「Snap-On タブレットスタンド」。レビュー用にお貸しいただいた実機をもとに、その使用感をチェックしていきます。

MOFT Snap-On タブレット iPad

MOFT Snap-On

着脱式でケース・カバーと併用できる

MOFTはデバイス向けのアクセサリなどを開発する米スタートアップ。クラウドファンディングサイトで数々の魅力的なプロジェクトを立ち上げ、人気を博しています。

MOFTのタブレットスタンドは、実は以前からあったのですが、シートによる貼り付け式で、着脱やカバーとの併用に課題がありました。

MOFT Snap-On タブレット iPad

最新モデルでは、マグネットシートを貼り付けることでスタンドの着脱が可能に。

MOFT Snap-On タブレット iPad

iPad Airにマグネットシートを貼り付けたところ

新たに発売された最新モデルでは、マグネットシールのみを本体に貼り付けることで、スタンド部分は磁力で簡単に着脱できるようになりました。

そうは言っても、磁力が弱くてすぐ外れちゃうんじゃ……? と心配していた筆者ですが、実際は杞憂だったようです。

安定感は従来のモデルと同等で、用途に合わせて縦横3段階の細かい角度調整ができるのも助かります。

MOFT Snap-On タブレット iPad

マグネット式になったことで横向き時の高さも調節できるように。

Magic Keyboardやカバーと併用できる!

スタンド部分が着脱可能になったことで、iPad用のケースや一体型キーボードと併用できるようになったのは無視できない魅力です。

実際に試してみたところ、Apple純正のMagic KeyboardやSmart Keyboard Folio、他社製のカバー・ケースまで取り付けることができました。

iPad用Magic Keyboardと兼用可能。

筆者的には、ブラウジングは縦置き、ノートを取ったりイラストを描くときは角度を浅くして横向きに置くのがおすすめ。

さらに、Bluetoothキーボードと組み合わせれば、iPadを縦置きして文章を打ったりコーディングしたり……と、普通のラップトップにはないユニークな使い方ができます。

MOFT Snap-On タブレット iPad

縦置きはブラウジングやコーディングに適している。

MOFT Snap-On タブレットスタンドの厚さは約3.5mm。9.7〜13インチのタブレット向けで、iPad miniは非対応です。iPadを立てて使いたい、でもいつも立てておきたいわけじゃない…という方はきっと多いはず。そんなユーザーのわがままに応えてくれる「MOFT Snap-On」、検討してみてはいかが?

なおこれまでのMOFT製品について、Amazon Prime Dayにて6月21日・22日の2日間だけ最大25%安くゲットできるとのこと。こちらも併せて要チェックです。

MOFT

(文・九条ハル)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報