海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech EC事業者の返品業務をカンタンに自動化!「Recustomer」のβ版がリリース

Tech

EC事業者の返品業務をカンタンに自動化!「Recustomer」のβ版がリリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今ではビジネスの規模を問わずにオンライン上の店舗で販売することは常識となりました。しかし物販にはつきものの「返品処理」に悩まされているEC事業者は多いはず。

ANVIE株式会社は、小売事業者の返品・返金業務を自動化するSaaS「Recustomer(リカスタマー)」のβ版をリリースしました。

返送完了までの業務を自動化

「Recustomer」は、購入者からの返品依頼から商品交換・返金そして、在庫の補充まで、返品に関するCS業務を自動化することで、小売事業者のコスト削減を実現するSaaS。ANVIEの担当者は「返品完了までのスピードが上がることで顧客体験の向上も可能」と話しています。

例えば、「Recustomer」を導入したECサイトでは、購入者は注文番号といくつかの質問に答えるだけで、簡単に返品申請が完了。また、返品ポリシーに沿う返品申請は即時に承認され、その場で佐川急便による集荷を手配することも可能に。

倉庫や配送業者と連携も

「Recustomer」を導入したEC事業者にとっても、大きな負担軽減になるのは言うまでもありません。ユーザーからの返品リクエストに対して、Webシステムが自動で対応しますので、複数回にわたるメールでのコミュニケーションは必要なし。あらかじめ商品交換・返金許諾条件を設定しておくことで、ほとんどの返品リスクエストに対して、自動で商品交換・返金可否を振り分けます。

さらに、商品の配送元である倉庫と連携することで、注文番号・顧客情報・検品の結果・商品配送ステータス・対応状況・対応手段を一つのダッシュボードで管理も可能。

一方で配送業者と連携することで、集荷を自動で手配。ユーザーの返品業務の負担を軽減します。従来はエクセルやスプレッドシートを使っての複雑なオペレーションが常識となっていましたが、これを一気にスリム化。

EC事業者にとっては、購入者との複数回のメール作業や倉庫業者を交えた在庫管理の業務が自動化され、業務コスト削減につながります。気になる読者の方はぜひチェックしてみてください。

PR TIMES
ANVIE

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報