海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 自分に似合う色の服が見つかるかも?ショップの窓でディスプレイ診断!

Marketing

自分に似合う色の服が見つかるかも?ショップの窓でディスプレイ診断!

もうすぐアパレル業界などでは、夏のバーゲンが始まるシーズン。ファッションに興味がある人は、今から楽しみにしていることだろう。一方、普段はあまり洋服を見たりしないという人には、安く買えるのはよいが、自分に似合う服はどれなの...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
A.S.Colourmaticもうすぐアパレル業界などでは、夏のバーゲンが始まるシーズン。ファッションに興味がある人は、今から楽しみにしていることだろう。一方、普段はあまり洋服を見たりしないという人には、安く買えるのはよいが、自分に似合う服はどれなのか、見つけ出すのは難しいもの。ついつい、無難な黒色ばかりを選んでしまう……ということに陥りかねない。

黒色はどんな肌色、髪色にもマッチするし、スリムにも見えるが、どうもありきたりで地味になりがちだ。美容業界ではさまざまなカラーを導入しているが、同じようにアパレルの世界でも、消費者にもっと“色”を知って体験してもらおうと、ニュージーランドのアパレル「A.S. Colour」では、メディア代理店のFCB Aucklandとコラボレーションして、ユニークな試みをスタートしている。

◆ショップウィンドウをディスプレイにして診断

ニュージーランドのBritomartという場所にある店舗に、デジタルカラー診断ツール「A. S. Colourmatic」を設置した。店舗のショーウィンドウがインタラクティブなディスプレイになっていて、まず、来店客はそのディスプレイの前に立つ。そして、自分の性別を入力。

すると、システムが客の現在の服装の分析を開始。システムは、季節や現在の流行、またユーザーの服装にオリジナリティがあるかなどといった要素を考慮に入れ、全体の調和が取れているのか、服装の診断をおこない、1~100の間で総合評価を表示する。そして改善点と併せて、店内にあるおすすめのアイテムを提案をしてくれるという流れだ。

◆店のラインナップに誘導し、売上は16%もアップ

店内には50ものカラーラインナップがあって充実している。これまでに1万人以上の来店客が、このシステムにトライしており、店の売上は16%アップ、また客の服装評価の平均も28%向上したという。

客側としては、先入観を取っ払って、自分に似合うカラーが見つかるかもしれないワクワク体験ができる。店としても、話題性があるだけでなく、店の売上にも貢献してくれるなら、まさに言うことなしのプロジェクトだろう。今後、他店舗への導入も視野に入れているという。

A.S. Colour
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報