海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech アルコール・薬物依存症に悩む人サポート! AIを用いた行動変容促進モデルを共同開発

Tech

アルコール・薬物依存症に悩む人サポート! AIを用いた行動変容促進モデルを共同開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ヒューマノーム研究所(以下、ヒューマノーム研究所)は、国立大学法人東京医科歯科大学(以下、東京医科歯科大学)と、「物質使用障害を有する人の行動変容促進に向けたAI構築に関する研究」に関して、共同研究契約を締結。アルコール・薬物依存症の人が抱える様々な課題の解決を目指し、AIを用いた行動変容促進モデルを共同で開発します。

アルコール・薬物依存症の人が抱える課題

生活習慣病のリスクが高まるだけでなく、飲酒運転や人間関係のトラブルなどを引き起こす可能性もあるアルコール・薬物依存症。一刻も早く適切な治療を提供する必要がありますが、治療資源は限られているのが現状です。

加えて、依存していることを周囲に知られたくなかったり、治療の優先度が低くなることで途中で治療をやめてしまったりと、依存症の人への治療に対する課題も多くあります。この1年ほどは、コロナ禍の影響で治療の優先度が低くなった、外出自粛で飲酒量が増えたといった声も聞こえてきます。共助グループが活動停止せざるを得なくなったことから、症状が悪化した人もいるようです。

アルコール依存症治療を身近にする取り組みについては、Techableでは以前、株式会社CureAppの事例を紹介しました。

誰もが健康に過ごせる社会へ

今回のヒューマノーム研究所と東京医科歯科大学の共同研究では、「匿名性」「偏見への不安軽減」「プライバシーの保護」「時間や場所に依存しない高いアクセス性」を実現。行動予測・フィードバック提案機能を搭載したアルコール・薬物依存の人のセルフモニタリングを支援する行動変容促進アプリの開発と、その社会実装を目指します。

アルコール・薬物依存症の人の治療ギャップや、患者サポートを専門とする東京医科歯科大学の先進技術・知見と、幅広い分野のデータ統合解析とAI開発を専門とするヒューマノーム研究所の技術力・知見を掛け合わせることで、一人ひとりの状況に応じた治療資源の提供が可能に。

様々な制約に捉われずに誰もが健康に過ごせる社会実現を目指すとしています。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報