海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ブルーライトを測定できる! ポケットサイズのセンサー「GEIGER Blu」とは

Tech

ブルーライトを測定できる! ポケットサイズのセンサー「GEIGER Blu」とは

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「私のブルーライトカット機能付きのメガネは、期待通りの効果を発揮しているのだろうか?」と思ったことはありませんか? フォーカルポイント株式会社は、ブルーライトを測定する米国Thin Air Energy社のポケットサイズのセンサー「GEIGER Blu」のクラウドファンディングを開始。

簡単にブルーライトを測定可能

そもそもブルーライトとは、可視光線の中でも380nm~495nmの青色光の光線です。 太陽光にも含まれますが、近年普及しているLEDをバックライトにした、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイからも発生。そのブルーライトが近年注目されるようになり、さまざまなメガネやサングラスにブルーライトカット機能のオプションが追加されています。

米国Thin Air Energy社のセンサー「GEIGER Blu」は、スマートフォンやタブレット、PCなどのスクリーンから放出されているブルーライトを簡単にチェックすることのできるデバイス。「GEIGER Blu」を使えば、あらゆる機器から発せられるブルーライト(およびUVa)の相対的な量を、誰でもチェックできるようになります。

メガネのブルーライト機能も測定

「GEIGER Blu」をスマートフォンの画面上に設置してNight Shiftモードを有効にすると、色温度の変化に合わせて測定結果が変わります。さらに、Night Shift機能だけでなく、さまざまなスクリーン設定や、ブルーライトカットを謳うアプリを比較することができます。

これまでは「ブルーライトカットの効果あり」とされていた機能をユーザー側で測定するのは困難でしたが、「GEIGER Blu」により実際に測定することが可能になるというわけです。

また、デバイスのスクリーンと「GEIGER Blu」の間にメガネレンズを置くと、レンズによる削減効果を見ることも可能。販売するフォーカルポイント株式会社は「同一の環境で試験することにより、様々な種類のレンズの有効性を確認できる」と話しています。ブルーライトに関心の高い読者の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

PR TIMES
GREEN FUNDING

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報