海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech HACCP管理に対応! 食品保管時の温度情報を管理するサービス「HACCP-RA」

Tech

HACCP管理に対応! 食品保管時の温度情報を管理するサービス「HACCP-RA」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オープンストリームは、SBクラウド株式会社からの技術支援のもと、食品保管時の温度情報を監視・収集・可視化・管理するサービス「HACCP-RA(ハサップ・アールエー)」を開発し、食品事業者向けに提供を開始しました。

2021年6月に、原則すべての食品等事業者に義務付けられる食品の衛生管理手法「HACCP」に対応する際のコスト削減を実現するサービスとなりそうです。

複数店舗の温度を一元管理

「HACCP-RA」は、温度をモニタリングするセンサー(親機と子機)の電源をコンセントに差し、専用クラウドシステムの画面にログインするだけで利用可能なサービス。センサーを設置した冷蔵庫内などの温度をリアルタイムで確認できる他、クラウド上にログを蓄積できます。

また、複数の店舗状況を一元管理できるのも特徴。チェーン展開する飲食店などにおいても、各店舗での温度管理の状態がひと目でわかります。さらに、集めたデータは管理画面上でグラフ化されるため、温度の推移を直感的に把握することもできるでしょう。

これらのデータはCSVにまとめて出力されるため、紙による複数店舗のデータ取りまとめや帳票での管理が不要になります。加えて、温度が基準値から逸脱した場合にメールで通知するアラート機能も搭載。リアルタイムな警告によって迅速な対応を促します。

2021年6月完全義務化の「HACCP」

「HACCP」とは、簡単に言えば「食品の安全性を確保するための衛生管理手法」のこと。これまでの「一般的衛生管理プログラム」を前提として、高度な衛生管理を実現するルールといったところでしょう。

とは言え、その内容は単に一般的衛生管理プログラムの延長というわけではなく、「HACCP」に対応するためには、人員確保や設備投資などさまざまなコストがかかると言われています。というのも、「HACCP」には「7原則12手順」と呼ばれる12の手順があり、「HACCPチームの編成」「製品説明書の作成」などの準備手順を踏んで、食品の安全を脅かす危害要因の分析、それを除去・低減するための重要な工程の決定、その工程における管理基準の設定、そして実施した措置の記録・保存方法の設定などを行う必要があるからです。

食品の安全を確保するためのひとつとして「温度管理」はさまざまな現場で重要になってくるでしょう。このたびの「HACCP-RA」は、その工程での「HACCP」に沿った対応を効率化しようというものです。

同社は今後もSBクラウドの技術協力のもと、蓄積した過去のデータからAIが事前に異常を予測する「予兆検知機能」を提供する予定だといいます。そして食品衛生管理の自動化を推進し、事業会社の負担を軽減するウェビナーなど各種イベントをSBクラウドと共同で実施していくとのことです。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報