海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Haloが2026年にロンドンとNYでエアモビリティサービス開始へ、eVTOL200機を発注

Tech

Haloが2026年にロンドンとNYでエアモビリティサービス開始へ、eVTOL200機を発注

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
空飛ぶタクシー時代が着実に近づいているようです。英国拠点のヘリコプター運営会社Haloが、米国Eveの電動垂直離発着機(eVTOL)200機を購入すると発表しました。

英国と米国に100機ずつ割り当て、2026年にロンドンとニューヨークでエアモビリティサービスを展開する計画です。空を使った短距離移動が身近なものになりそうです。

大手メーカー子会社の機体

eVTOLの企業は大手からスタートアップまで世界中に多くありますが、これまでニュースになってきたのはどちらかというとeVTOLそのものを開発する会社でした。

しかしHaloの場合は自前で開発しておらず、運営を専門とします。サービスに使うeVTOLはEve社が開発中のものです。まだプロトタイプ段階で、航続距離や定員、飛行速度などスペックは明らかにされていません。

にもかかわらず、HaloがEveと提携を結んだのは、EveがEmbraerのスピンオフであるという背景があるようです。Embraerは世界第3位のブラジルの航空機メーカーであり、50年の歴史があります。

HaloはEve、ひいてはEmbraerのeVTOL製造能力に全幅の信頼を寄せているということのようです。

ノウハウ持ち寄り

一方のHaloもOneSky Flightというプライベートジェット運営会社の子会社です。Haloは英国でヘリを運航していて、サービス展開のノウハウはすでに構築されています。

つまり、HaloとEveの専門性を持ち寄ってのエアモビリティサービスとなり、2026年に提供開始するというタイムフレームは非現実的ではないようです。日本からロンドンやニューヨークに飛び、そこから地上の渋滞に巻き込まれることなくeVTOLで目的地にスムーズに移動、という日がそう遠くない将来やってくるかもしれません。

Eve

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報