海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 体の動きでブロックを操作! エンタメ型フィットネスアプリ「FITRIS」

Tech

体の動きでブロックを操作! エンタメ型フィットネスアプリ「FITRIS」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
FunLife株式会社は、2020年9月にオンライン対戦フィットネスサービス「VS Fit」をリリース。スマホひとつで楽しく運動できるデジタル競技場とも言える「VS Fit」に第1弾として登場したのが、あの落ちゲーのようなエンタメ型フィットネスアプリ「FITRIS(フィットリス)」です。

その「FITRIS」を活用し、運動習慣定着化を目指す実証実験を千葉県市原市にて実施。2020年4月20日より約3週間の実証を終え、約800人の参加者からの満足度76点を記録しました。なお、同実験は、千葉県市原市が主催する公民連携のオープンイノベーションプログラム「いちミラ」の採択事業の一環です。

あの落ちゲーでエクササイズ!

「FITRIS」は、体の動きで落ちてくるブロックを操作し、横一列にそろえるとその列が消えるという新感覚ブロック揃えエクササイズゲーム。ブロックは、左右のパンチで横移動、スクワットで回転、ジャンピングジャックで落とすことができます。列を消すのはもちろん、ブロックを動かすだけでもスコアを獲得できる仕組みがユニークです。

ゲーム後には、結果画面にハイスコア・消費カロリー・各フィットネス動作の回数が表示されるため、モチベーションを維持しやすいのではないでしょうか。

ゲームモードとしては、時間無制限でハイスコアにチャレンジする「マラソン」、制限時間内でのハイスコアを目指す「タイムアタック」、操作方法に慣れる「練習」を搭載。ユーザーは自分に合ったモードで無理なく楽しく運動することができそうです。

約800人でランキングバトル!

そんな「FITRIS」を活用した実証実験が千葉県市原市在住の親子世代を対象に実施されました。約800人の参加者を小学生・中学生・高校生・大人の4つの部門に分け、3週間に渡るオンラインでの「ハイスコア」「累計消費カロリー」のランキングバトルを展開。

各部門から「ハイスコア」「累計消費カロリー」それぞれの1位ユーザーが決勝戦への参加権を手にし、5月16日にゼットエーオリプリスタジアムにて8名によるチャンピオン決定戦が開催されました。

参加者からは「筋トレは単純なのであきるが、ゲーム性あるとやれる」「アプリを立ち上げるだけで運動できるので隙間時間にすぐに運動でき、気分を切り替えるのに役立った」などの声があり、実証実験への満足度は76点という結果になっています。

今後は、企業の健康経営向けサービスや他の自治体への展開、そしてオフラインイベントのコンテンツを求めている企業へサービスを提供する予定とのことです。

「FITRIS」アプリダウンロードはこちらから。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報