海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 英ケンブリッジの名物バスに?! ユニオンジャック柄の無人自動運転シャトルバスが登場

Tech

英ケンブリッジの名物バスに?! ユニオンジャック柄の無人自動運転シャトルバスが登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国ロンドンといえば赤いダブルデッカーバスが有名ですが、ケンブリッジにも街の代名詞的存在になりそうなバスが登場しました。

ドライバーレスの電動自動運転シャトルバスです。決められた区間を走る試験走行がこのほど始まりました。英国で主要な道路で客を乗せて自動走行するシャトルバスは初とのことです。

3.2キロを約20分で走行

自動運転のシャトルバスは英国コヴェントリー拠点のエンジニアリング会社Aurrigo社が手がけたものです。自社開発したソフトウェアや、LiDAR、カメラなど最新テクノロジーを活用しています。セーフティドライバーが乗り込みますが、バスは障害物の存在など周囲を「認識」しながら自動で走行します。

試験ルートはマディングリー公園、ケンブリッジ大学ウェストキャンパス、天文学研究所を結ぶ約3.2キロで、約20分かけて走行します。最高速度は時速32キロです。

この試験プロジェクト用にリクルートされた乗客のみがAurrigoのアプリを使ってピックアップをリクエストできるとのことです。

10座席を配置

バスのスペックはというと全長5.8メートル、幅2.28メートル、高さ2.54メートル。メートルです。10座席が配置され、車椅子でも乗れるようランプも備わっています。

そしてパワートレインは22kW電動モーターで、バッテリーは47kWh。航続距離は約200キロとなっています。一般的な電気自動車に比べるとやや短めですが、3台を使ったシャトル運行なのでまず問題はなさそうです。

このプロジェクトは英政府のイノベーションを加速させる産業助成機関Innovate UKの支援を受けています。英国のプライドがかかっているからか、バス車体にはユニオンジャックがあしらわれ、遠くからでも目をひくデザインとなっています。

差し当たっては試験走行ですが、正式にケンブリッジの「顔」になる日はそう遠くはないかもしれません。

Aurrigo

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報