海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 指静脈認証を活用したゴルフ場の入場・決済に関する実証実験

Tech

指静脈認証を活用したゴルフ場の入場・決済に関する実証実験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)と三菱HCキャピタル株式会社および株式会社日立製作所は、GDO茅ヶ崎ゴルフリンクスにて、指静脈認証を用いたゴルフ場の入場や決済に関する共同実証を開始します。

受付の無人化を試行

同実験は、GDOが運営するGDO茅ヶ崎ゴルフリンクスにて2021年5月21日~10月31日の期間で実施。同ゴルフ場では通常、利用者は受付時に記帳し、現金または電子マネーによる支払いが必要ですが、今回は受付に2台の指静脈認証装置を設置し、受付の無人化を試みます。なおこのたびは、加盟店契約会社としてユーシーカード株式会社、決済代行会社としてGMOペイメントゲートウェイ株式会社のサービスを利用。

ゴルフ場での入場や決済時に指静脈認証を活用することで、無人受付の運用、各種手続きの簡素化、利用者の利便性向上、混雑状態の回避などの実現が期待されているようです。将来的に無人受付が実現すれば、利用者ニーズは高いものの、スタッフの配置が困難な早朝や薄暮プレーといった新しいゴルフスタイルの推進を支援するなど、ゴルフ場のサービス拡大と働き方改革に貢献できるとしています。

生体認証統合基盤サービス

同実験の実証システムには、日立の指静脈認証端末および「生体認証統合基盤サービス」を活用。「生体認証統合基盤サービス」とは、指静脈・顔・虹彩などの生体情報を暗号化し登録・照合することで安全かつ確実に本人を特定する日立独自の「公開型生体認証基盤(PBI)」に、決済連携機能や商業施設での入退場管理機能などを付加することで、さまざまなシーンで活用できる基盤サービスです。

ユーザーが登録した生体情報は復元不可能な形でクラウド上で安全に一元管理されるため、一度の登録で飲食店やイベント会場、レジャー施設など幅広いシーンで手ぶらでの決済やチケットレス入場が可能となるのが大きな魅力でしょう。

日立は、2019年12月~2020年3月の期間、ユーシーカード株式会社と共に飲食店やドラッグストアなどの複数店舗にてタブレット端末と指静脈認証装置によるキャッシュレス決済の実証実験を実施しています。また、2020年9月からは、香港の無人コンビニエンスストアにおいても実証実験を実施するなど、指静脈を中心に生体認証の活用に取り組んできました。そして2020年10月30日に生体情報とクレジットカードを紐付けた「生体認証統合基盤サービス」の提供を開始しています。

PR TIMES(株式会社日立製作所)
PR TIMES(GDO)

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報