海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 建設現場に「遠隔操作テクノロジー」が到来! キャタピラージャパンの新技術とは

Tech

建設現場に「遠隔操作テクノロジー」が到来! キャタピラージャパンの新技術とは

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャタピラージャパンは、 建設現場の未来の働き方を提案するCat次世代マシン用の遠隔操作テクノロジー「Cat Command(Catコマンド)ステーション」を2022年に発売すると発表。 これは、同社が 2020年より発売を始めた次世代油圧ショベル対応遠隔操作アタッチメント「Catコマンド」を、 更に発展させた遠隔操作ソリューションです。

実機さながらの操作を実現

「Catコマンドステーション」の特徴は、 実機同様のシートとジョイスティックレバーなどの操作入力装置、さらにオンボードキットで構成されている点です。 シート正面のモニタには、オンボードカメラとユーザーが持っている現場俯瞰カメラの両方の映像表示が可能で、実機同様のメータクラスタも表示されます。

キャタピラージャパンによると「次世代マシンに標準装備されたセミオートによる生産性の高い作業と、 リアルタイムでのマシンの状態監視が可能」になるといいます。

複数のマシンの切り替えも可能

では、実際にマシンが稼働する現場と、「Catコマンドステーション」の間の通信はどのようなものなのでしょうか。同社によると、ステーションはインターネットや専用回線などを使用するため、 直接目視による遠隔操作と比較し、 さらに遠距離での遠隔操作が可能となります。

複数のマシンに別売のオンボードキットを追加装着することで、 ひとつのステーションから複数のマシンを切り替えて遠隔操作することも可能に。 また、オンボードキットはCatの次世代マシンに後付けでき、 ユーザーのステーション導入コストを最小限に抑えることができます。

キャタピラージャパンの担当者は「『Cat Commandステーション』は、 既に幅広く製品展開しているCat次世代マシンの拡張性と可能性をさらに拡大し、 新たな付加価値を加える遠隔操作テクノロジです。 現在、 日本において大きな課題となっている働き方改革の実現と生産性の向上に対して、 大きく貢献するソリューション」と話しています。今後、同技術が現場作業をどう改革していくのかに注目です。

PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報